田端あんじ (Anji Tabata)

ライター

興味のあるものには何でも首を突っ込む雑食系ライター。翻訳記事・アート取材記事をメインにPouchにて執筆中。ファッション・メイク・コスメ・音楽・アートにエロ、女子の好きなもの、主にサブカル女子が好きなものは基本的に刺さります。モットーは「来た依頼は断らない」「未知のものにこそチャレンジする」。

「田端あんじ」担当の記事

洗濯機の中で回転する洗濯ものと戦うネコがかわいすぎる!

ぱっちりおめめがチャームポイントの黒ネコちゃん、その名はロボコップ。可愛い顔には似つかわしくないお名前と思いきや、その勇敢な振る舞いをみれば、なるほど納得です。

ドラム式の洗濯機の中で回転し続ける洗濯ものを見つめて、おもむろに駆け寄るロボコップ。怪しい動きを敏感に察したのか、それとも野生の勘が働いたのか。迷うことなく洗濯機に向かってネコパンチ開始です。相手が何であろうと容赦しない、北斗の拳ばりの勇ましい連打をみると、飼い主がロボコップと名付けたのも頷けます。 → 続きを読む

レコードを聴きながら優雅な散歩が楽しめる、画期的な自転車!

うららかな秋の昼下がりには、レコードのアナログな音が心地いい。お家にいれば、あなたはいつだって、そんな優雅なひとときを味わえるでしょう。けれど、できるなら外で、しかも自転車に乗りながら聴けたなら…そんな願望を実現してくれる、画期的な自転車があるのです。

自転車の名は、「Feats per Minute」。自転車大国オランダに住む若きデザイナー、メレル・スル―サー、ライアット・アズレー、ピーター・フランク・デ・ジョングによって製作されました。 → 続きを読む

ガス室から無事に生還した奇跡の犬、ダニエル

5歳になるビーグルのミックス犬、ダニエル。彼はほんのひと月ほど前、死の直前にありました。街をさまよい野犬収容所に保護され、引き取り手が現れなかったダニエルは安楽死という運命を進むほかなかったのです。

ところがダニエルは、奇跡的に生き残りました。現在、ダニエルの強い生命力を感じられるこのエピソードはインターネット上で急速に広まり、日々安易に殺処分されてしまう動物たちの命の大切さを、多くの人々が再認識しているようです。 → 続きを読む

10月31日放送フジテレビ系「SMAP×SMAP」。今回ビストロスマップに登場したゲストは、先月に婚姻届を提出したばかりの話題の新婚カップル、JRA騎手・三浦皇成とタレントのほしのあき夫妻。

腕を組んで登場し、終始おのろけ話を連発しまくる幸せそうな13歳歳の差カップルに、数々の大物ゲストを相手にしてきたSMAPメンバーも若干戸惑い気味。ラブラブ絶頂期にあるふたりの世界は、「もう、俺らいらないんじゃね?」と木村拓哉が絶叫するほど凄まじいものであった。 → 続きを読む

バカンスにぴったり! 景色を独り占めできるガラスのコテージ

フィンランドにある美しき庭、ケッキラ庭園。湖が隣接する北欧の深遠な森の中にあるこの庭園に佇むのは、すっかり景色に溶け込んでいる、ガラスのコテージです。

ヘルシンキに住む建築家のヴィル・ハラと、デザイナーであるリンダ・ベルグロスが共同で作り上げたこのコテージは、リンダが夏の間過ごすために建てられた特別なコテージ。壁もドアもガラス張りで、見渡す限り大自然。大きな美しい絵を独り占めしているかのようなこの家は、身も心も開放的にしてくれるバカンスにぴったりの空間なのではないでしょうか。 → 続きを読む

次世代都市型自動車は超ミニサイズ! デザインも未来的でおしゃれ

小さくて丸くて、なんだかロボットみたいなこの機械、なんだかわかりますか?これは次世代都市型自動車の最新版「EN-V」、無公害がテーマの未来型エコカーなのです。

「EN-V」は、アメリカ・ミシガン州デトロイトに本社を置く自動車企業で「アメリカのビッグスリー」といわれるゼネラルモーターズのブランド、シボレーが考えた未来型電気自動車です。この車が近々パイロットテストを行うということで、現在注目を集めています。 → 続きを読む

10月24日放送フジテレビ系「SMAP×SMAP」。今回は「ステキな秋のスペシャル」と題した特別版ということで、ビストロスマップにも超豪華な俳優陣が大勢で来店した。やってきたのは映画「ステキな金縛り」の監督・三谷幸喜、そして主演を務めた女優・深津絵里や西田敏行ら計7名。

番組中、三谷から俳優陣そしてSMAPメンバーにこんな質問がされた。「セリフを覚えるのは得意ですか」。このとき素直に「いいえ」を選択したのにも関わらず、「ほんとに覚えない」と、三谷や中居正広から集中砲火を浴びたSMAPメンバーがひとりいたのである。 → 続きを読む

ハロウィンにぴったりの可愛くてちょっと不気味なカップケーキあれこれ

フクロウにミイラ、コウモリに定番のカボチャ。これから紹介するのは、全部がハロウィンモチーフの「めちゃくちゃ可愛くてちょっと不気味なカップケーキ」の数々です。

カップケーキをはじめから全て手作りするのも良いのですが、紹介しているカップケーキのほとんどは市販のカップケーキでも簡単に作れるものばかり。土台となるプレーンのカップケーキを購入し、あとは可愛くデコレーションを加えるだけで、大人も子供も喜ぶハロウィンカップケーキが出来上がります。 → 続きを読む

今からでも間に合う手作りハロウィン仮装!でも着るのはけっこう勇気が入りそう?

もうすぐハロウィン。今年のハロウィンはちょうど週末に重なることもあり、東京都内でもパーティーが数多く開催される予定です。

ハロウィンの定番仮装といえば、魔女や幽霊、漫画のキャラクターなどですが、毎年仮装をする人であれば「もう普通の仮装は飽きた!」という人もいるかもしれません。「仮装したかったけど、色々用意するにはもう時間がない」という人だっているでしょう。そんな皆さんのために、意表をつく超ローコストの仮装スタイルを提案します。それはなんと、ワインボックスの仮装! → 続きを読む

ボールを投げているだけに見えますが、実は写真を撮ってます

近年、グーグル・ストリートビューなどの360度方向を楽しめる映像や画像が、わたしたちの生活に浸透しつつあります。こういった写真を撮る際に今までポピュラーだった方法は、何台ものカメラを使用して画像を重ねるやり方です。

しかし最近になって、写真の世界に新たな旋風を巻き起こすかもしれない、ニュータイプのカメラが登場しました。その名も「Throwable Panoramic Ball Camera」。名前のとおり、投げて撮影するボール型のパノラマカメラです。しかも製作したのは、現在ドイツ・ベルリン大学に在学中の学生さんなのだとか。 → 続きを読む

マリオにカーヴィー、ピカチュウまで!こんな変わり種ハロウィンカボチャはいかが?

今や日本でもハロウィンが盛んに行われるようになりましたが、こだわり具合においては、まだまだ本家アメリカには及びません。例えば、仮装するのを楽しむという人はたくさんいると思いますが、カボチャランタンを毎年作るという人はあまりいないはず。

でも、今年はこんなカボチャアートを楽しんでみてはいかがでしょうか。それは、有名なゲームキャラクターをモチーフにした、変わり種ランタンです。アラサーなら誰しもが心躍るであろう、スーパーマリオのカボチャランタン。さらには、懐かしのテトリスランタンに星のカーヴィーランタン、そしてポケモンキャラクターのピカチュウランタンと、バリエーションは様々。 → 続きを読む

食うか食われるか!? 人間を本気で襲う動物たち

都会に住んでいると、なかなか野生動物に出くわす機会はありません。出くわすとしても、ハトやカラスなどでしょうか。近年はカラスが人を襲う例もよく聞きますし、日光へ行けば猿が、奈良へ行けばシカが、餌を求めて必要以上に追いかけてくる。その様子はちょっと、恐怖を感じるほどでもあります。

これから紹介するのは、それがさらにエスカレートしてしまった状況を写した写真の数々。街中で、大自然の中で、動物園で。人間を本気で襲う動物たちの表情は、危機迫るものがあります。 → 続きを読む

テレビを観てくつろぐミーアキャットが可愛過ぎる!

真っ赤なソファに47インチもある大きなテレビ。テーブルの上にちょこんと置かれたメガネ。でもこのお家、なにか変です。だってそこは、壁もなければ床もない、全くの野外なのですから!

アウトドア色全開のこの部屋の主は、ミーアキャットたちでした。彼らは現在、ロンドン動物園に住んでいます。その園内に特別に作られたのが、このミニチュアセット。そこでミーアキャットたちが釘付けになっているのは、巨大な画面に映る自分たちの仲間の姿でした。 → 続きを読む

ポットの中でミャーミャー鳴く子猫が可愛過ぎて、男子も思わず悶絶

水差しポットの中にすっぽり入った子猫ちゃん。毛並みは美しいグレー、目はうっすら青みがかったまんまるで、キャンディーみたい。その姿は、まるでぬいぐるみのような奇跡の可愛さです。 → 続きを読む

キャンベルスープにトイレに伊勢海老!? 強烈すぎるドレスをロンドンで限定販売

9月16日から6日間の日程で行われていた、ファッションの祭典ロンドン・ファッションウィーク。企画のひとつとして現在も継続中なのが、ショーで発表された作品を限定販売するアートワークコレクションです。

会場のひとつである20Hoxton Square ギャラリーにて展示されているのが、今回紹介するブランド「THE_RODNIK_BAND」。ロンドン在住の若手デザイナー、フィリップ・コルバートがデザイナーを務める「THE_RODNIK_BAND」は、ファッションのみならず音楽やアート作品などの別ジャンルをも取り入れることによって、ブランドの世界観を完成させているユニークなブランドです。独自の世界観を持つ彼が作り出すドレスは、どれもこれも奇抜なものばかり。 → 続きを読む

雑誌をiPadと勘違いしている赤ちゃん

やすやすとiPadを操作しているこの赤ちゃんは、なんとまだ1歳。なんの躊躇も恐怖心も持たずスイスイ使いこなしているその姿に、なんとなく違和感を覚えてしまうのは私だけでしょうか。 → 続きを読む

10月17日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」で、世界の歌姫レディー・ガガの知られざる一面が明らかになった。この日の放送は、ビストロスマップに来店した女性ゲストとの印象的なやりとりを振り返るというもの。番組で未公開映像が多数紹介されていたのだが、そのなかで彼女のファンへの深い愛情を感じさせる1シーンがあったのである。 → 続きを読む

イギリスの15歳は、読解力に乏しい? そして日本の若者たちは…

去る2009年、世界中の15歳を対象に読解力のレベルを調査したところ、イギリスのレベルが想像以上に低かった事実が判明し、国をあげての大問題に発展しているようです。

ちなみにトップは、中国の上海。どれくらい差がついてしまっているかというと、イギリスの子供たちのレベルは上海の同年代の子供たちよりも、なんと1年半も遅れているらしいのです。 → 続きを読む

人魚は本当にいた!? 夢を現実にしたステキすぎる人魚スーツ

競技スイマーのナディア・ベッシーには、ある秘密がありました。それは、生まれたときに両足を切断したということ。両足が無い彼女は、それでも努力を重ねて、プロのスイマーになりました。

ベッシーはある日、自分の子供にこんな質問をされます。「どうしてママは泳ぐとき、足を外すの? 」日常は義足をつけて生活しているベッシーですが、泳ぐときにそれを外すのをみていた子供が抱いた素朴な疑問でした。そのときベッシーは、子供にいたずらっぽくこう答えたのです。「実はママ、人魚なのよ」 → 続きを読む

音が出るおもちゃを何台も改造して大合奏! 新感覚ミュージックがすごい

サーキット・ベンディングという言葉を、あなたは知っていますか? あらゆる音楽を聴いている方なら、もしかすると知っているかもしれません。けれど多くの人にとっては、おそらく初めて耳にした単語だと思います。

では説明しましょう。サーキット・ベンディングとは、音の出るおもちゃの回路を改造してめちゃくちゃ変な音の出る楽器に変えてしまうこと。今や愛好者は数多く、日本にもカシオトーンなどの音の出るおもちゃを利用して改造にハマる人が少なくありません。しかもその世界は個人の趣味という枠を超えて、音源だってちゃんと市場に出回っているのです。 → 続きを読む

  1. 1
  2. ...
  3. 514
  4. 515
  5. 516
  6. 517
  7. 518
  8. 519
  9. 520
  10. 521