「イギリス」にまつわる記事

【謎の求人】チキンナゲットを食べる「ナゲット鑑定家」をイギリスの会社が募集しているよーーーー!

年明けとともに、就職や転職活動を始めた方も多いはず。もしあなたがチキンナゲット好きなら、この求人は魅力的かも? チキンナゲットの味をテイスティングするという、ナゲット好きには夢にまでみたお仕事があるんだって。

イギリスの小売業者B&Mが、全国の店舗で冷凍食品を新たに展開していくことを発表。これに伴って募集を始めたのが、チキンナゲットの鑑定家(Chicken Nugget Connoisseur)なんだそう!

→ 続きを読む

【クイズ】1月21日は世界で初めて料理番組が放送された日だよ! 最初に作られた料理は一体何でしょう?

本日1月21日は「料理番組の日」。1937年の今日初めて、イギリスのBBCテレビで料理番組が放送された日なんだとか。

今から実に81年前となりますが、さてここでクイズです! そこで作られた料理はオムレツ、シチュー、ケーキのうちどれだと思う?

→ 続きを読む

映画『パディントン2』はパディントンと悪党の戦いにハラハラドキドキ! 007級のアクションから目が離せない【最新シネマ批評】

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは『パディントン2』(2018年1月19日公開作)です。お騒がせクマ・パディントンのロンドン大騒動を描いたのが、前作『パディントン』。

今回はパディントンの敵役に、英国の名優ヒュー・グラントを迎えてパワーアップ。前作よりも楽しく素晴らしい出来栄えなのですよ。ではサクッと物語から。

→ 続きを読む

【ネタバレあり】 話題作『キングスマン:ゴールデン・サークル』15分に1回は大興奮! アクションと残虐シーンがパワーアップしています

【最新公開シネマ批評】映画ライター斎藤香が公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2018年1月5日公開)です。

2014年の『キングスマン』の続編で、演出は前作同様にマシュー・ヴォーン監督。高級テイラー「キングスマン」の裏の顔はスパイ組織という設定と、スパイ・ガジェットを駆使したアクションが新鮮だった前作。続編は、ポップな音楽と映像とキレッキレのアクションが前作以上というか、エグさ倍増です。

ここからは、ネタバレありつつの本音レビューです。まずは物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

イギリス人もびっくり! アフタヌーンティーのように楽しむ寿司ランチが第一ホテル東京から登場しました♪

海外でも大人気の和食といえばお寿司です。大人気すぎるがゆえ日本では考えられないような独創的なお寿司が世界各国で提供されていて、その違いを味わうのも海外旅行の楽しみのひとつなのかもしれません。

さて、2017年12月18日から東京都港区の第一ホテル東京にて、とっても珍しい寿司ランチがスタートしました。なんとアフタヌーンティーみたいに盛り付けられているのですが、これは一体……?

日本人にイギリス文化に親しんでもらいたい的な感じなのか、それとも海外旅行者にスナック感覚でお寿司を食べてもらいたい的な感じなのか……ターゲットはどっちだ!?

→ 続きを読む

革命的すぎる「つけ毛」が誕生! 1ケ月つけっぱなしOK、プールだって怖くないっ!!

脱毛症に悩む男性は多いことと思います。それは日本のみならず世界共通。イギリスでは現在、革命的ともいえるアイテムが登場し注目を集めているんです。

それは接着剤のようなもので頭部に貼る「つけ毛」。増毛や植毛する必要ナシ、カツラのような不自然さナシ。これ、髪すぎ……いや、神すぎる商品ではないでしょうか。でも、いったいどんな作りになってるのかきになるよー!

→ 続きを読む

テニス愛好家が「チャリティカレンダー」のために一肌脱いだ!? 破壊力バツグンだけどきっかけは大真面目です

イギリスのフォトグラファー、アシュリー・フランクリン(Ashley Franklin)さんが、テニス好きの友人ジョー・ウィリアムズ(Jo Williams)さんと制作したのは、その名もアルツハイマーカレンダー 2018 「誰かテニスをしませんか(ANYONE FOR TENNIS?)」

10ポンド(日本円で約1500円)で販売されているこのカレンダーは、名前もすごけりゃ、掲載されている写真のインパクトもものすごいんです。

というのも写っているモデルたちのほとんどが、一糸まとわぬ姿だから! 全裸でテニスコートに集合して、脚やボール、ネットなどを上手に使って “大切なところ” を隠していることを想像すると、ちょっぴりじわじわきちゃいます。

→ 続きを読む

【意外すぎ】紅茶の国イギリスには「アイスティー」が存在しない!? アイスティーは英国ではなくアメリカ生まれなんだって

本日11月1日は、「紅茶の日」です。こんな日は美味しい紅茶でも入れて、ほっこり優雅なティータイムを楽しみたいものですよね♪

ところで……紅茶の国と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ティータイム文化のあるイギリスなのではないでしょうか。けれどティーはティーでも、ホットではなくアイスティーは、イギリスではなくアメリカ生まれらしいのです。

→ 続きを読む

血の滴るケーキにナイフがグサリ!! 不気味でゴシックなハロウィンスイーツが表参道の「フランツ アンド エヴァンス」に登場

ロンドン発のデリカフェ「フランツ アンド エヴァンス ロンドン 表参道」では不気味でポップなハロウィンスイーツ4種が発売中!

ナイフがグサリと刺さったホールケーキに脳みそをイメージしたカップケーキなど、どれもオシャレだけどブラックユーモアたっぷりなんです。ロンドン発だけあって、ゴシックなムードたっぷりでパーティーにもぴったり♪

→ 続きを読む

ふわふわの毛並みまで見事に再現! 海外のケーキアーティスト作るワンコケーキに目が釘づけ!!

皆さんは「ワンコケーキ」と聞いてどんなケーキをイメージする? 犬のイラストが描かれたケーキ? それとも犬が食べるために用意されたケーキを想像する人もいるかもしれません。

今回ご紹介する「ワンコケーキ」はイギリスのケーキアーティスト、ジュリー・カインさんが作った犬モチーフのケーキの数々。遠目から見ると本物かと思ってしまいそうな再現度の高さにビックリ! これ、ホントに甘くておいしいケーキなんだよね……!?

→ 続きを読む

イケメンレポーターが生中継先で全身汚された結果…めっちゃ笑顔! 「シャツの汚れはいい思い出になるよ」と後日談までイケメンです

毎年8月にイギリス・ロンドンで行われる「ノッティング・ヒル・カーニバル(The London Notting Hill Carnival)」は、ヨーロッパ最大級のストリートフェスティバル。

カリブ海の文化に焦点を当てたこのお祭りは、週末には約100万人を集客するビッグイベント。30以上ものサウンドシステムが登場して、老いも若きも大いに盛り上がります。

見どころはたくさんあれど、中でも参加者のテンションがMAXに達するのはオープニングパレード。

みんなカラースプレーやペンキを体中に塗りたくって楽しむようなのですが、この場を訪れていたテレビレポーターも、その洗礼を受けてしまったようなんです。

→ 続きを読む

イギリスの「人魚になるための学校」がステキです / マーメイド気分で水中をす~いすい♪

イギリス有数のリゾート地、ドーセットの南海岸に位置する都市ボーンマスには、人魚になるための技術を学ぶ学校「Mayim Mermaid Academy」があります。

下半身に人魚さながら尾をつけて泳ぐのは、大人から子供まで様々な人々。女性も男性もみ~んな人魚になりきって、幻想的なスイミングを楽しんでいるらしいんです。

→ 続きを読む

シンプルで落ち着いたデザインがステキ! 郵便局限定の「ピーターラビット」のグッズ&フレーム切手セットが登場だよ♪

これまで、さまざまなキャラクターの限定グッズ&フレーム切手を発売してきた郵便局。中には、『11ぴきのねこ』や『くまのがっこう』のものなんかもあって、かつての文学少女たちを歓喜させてきました。

8月25日から、またまた新作が登場。お次は「ピーターラビット」のグッズ&フレーム切手なんだけど、デザインがシンプルで落ち着いていて、大人の女性におすすめです!

→ 続きを読む

冷蔵庫が「ピーターラビット」展示会場に大変身 / 絵本の挿絵から厳選したミニチュアアートマグネットがカプセルトイで登場!

全世界で累計発行部数2億5000万部を超える児童書「ピーターラビット」シリーズ。2017年7月にはお話の舞台であるイギリス・湖水地方が世界遺産登録されたほか、現在、作者のビアトリクス・ポター生誕150周年「ピーターラビット展」が日本全国を巡回中です。

日本でも多くのファンを持つピーターラビットですが、このたびカプセルトイがキタンクラブより発売されることに! 絵本の印象的な挿絵から7点が厳選され、ミニチュアアートマグネットとして登場します。

ピーターラビットグッズはこれまでにもたくさんありましたが、額縁に入った絵画風のミニチュアマグネットというのが、さすがカプセルトイで人気のキタンクラブらしいところです。

→ 続きを読む

イギリスが誇る元祖ミントチョコ「アフターエイト」 チョコミント嫌いが治るほど洗練されたお味です

海外でチョコミント味のスイーツといえば、絶対に外せないもの。それが、今回ご紹介する「アフターエイト」です。

ミント味のクリームをダークチョコでコーティングした、厚さ3ミリというデリケートなイギリス生まれのチョコミント。「今は1枚だけ……」と思っていても、必ず3枚は食べてしまう魅惑のおいしさなのであります。

→ 続きを読む

【助かるわあ】子犬を抱っこ紐でくくりつけてサイクリングしてみたら…「一緒に漕ぐ」と言い出してきかない

誰か周りにいる大切な人が何かに真剣に取り組んでいるとき、「自分にも何かできることがないだろうか」と思うことがありますよね。

実際に直接はその人に助けにならなくとも、いてもたってもいられなくなってしまったり……。じつはこの気持ち、ワンコも抱くことがあるみたいなの。

→ 続きを読む

ちょっぴり背筋が寒くなる!? 「SNSに潜む闇」をテーマにしたポップな風刺画にドキッ

ポップなカラーリングと、50年代から60年代を思わせるビンテージな画風。誰もが目を奪われずにはいられないキャッチーなポスターの正体は、皮肉がピリッと効いた風刺画

フェイスブックの「いいね」を “エゴ” というお皿(しかもペット用)にぶちまけている光景。お腹に「BANK(銀行)」と書かれたブタからミルクをもらおうと必死な男性たち。ツイッターの「t」というマークから点滴を受け、命をつなぐ少女……。

ドキッと胸を揺さぶる作品を手掛けているのは、イギリスのイラストレーター、ジョン(John Holocraft)さん。作品の数々は、海外サイト「Etsy」で購入できます。

→ 続きを読む

海外で見つけたおかしな日本語7選「単に違ったEXPRESS」「京都醤汁味」「捕まえ十字軍」など

外国人の目にはとても新鮮に、ときにはクールにさえ映ることがある、日本語とその響き。

日本人が英語やフランス語をブランド名や飾り文句で使うように、海外の人たちが日本語をデザイン的に使っていることもよくあるみたい。

でもなにぶん話す人のあまり多くない言語ゆえ、そうした「海外日本語」には知っている単語をテキトーに組み合わせたとしか思えないものや、自動翻訳を使ったとおぼしきおかしな日本語がいっぱい。そして、摩訶不思議なキャッチコピーなども。

海外で見つけたとっておきのおかしな日本語をとくとご覧あれ!

→ 続きを読む

【ビーチで飲みたい】おしゃれな“シャンパンアイス”に新フレーバーが続々登場! 桃の風味のベリーニに生のフルーツを使ったノンアルコールタイプも

さかのぼること3年前。2014年に紹介したセレブたちにモテモテのシャンパン入りアイス「POPS(ポップス)」に、さまざまなバージョンが登場していたようです!

第1弾は、グラス半分ほどのシャンパンと天然氷を材料とするアイス、「クラシック」でした。そのほかイタリアのスパークリングワイン、プロセッコと桃の蒸留酒で作った「ベリーニ」や、シャンパンとカシスを合わせた「キールロワイヤル」などがラインナップに追加されてるではないですか。

→ 続きを読む

スポーツジムが「ベッドに横になるエクササイズ」を提案! やることはズバリ「昼寝」です

イギリスにあるスポーツジム「David Lloyd Clubs」では、ユニークなクラスが設けられています。

「ナパーサイズ(Napercise)」という60分のクラスで行われるのは、なんと「昼寝」。緊張をほぐすためのストレッチをしたら参加者は全員横になって、そのまま45分間の眠りにつくというのが全体の流れなのだそうです。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7