「防災グッズ」にまつわる記事

【防災】井村屋が非常食を発売してるって知ってた? 片手で食べられる「えいようかん」は5年長期保存可能でパッケージにも工夫が満載なのです

これまで日本で起きた自然災害は、数知れず。特に2000年代以降は一気に増えて、2018年に入ってからは大阪北部地震と平成30年7月豪雨が発生しています。

大きな災害が起こるたびに見直したいのが、防災リュックの中身。中でも欠かせないのは非常食だと思うのですが、井村屋が生み出した非常用食品「えいようかん」がツイッターで注目を集めているようなんです。

あずきバーでおなじみの井村屋が開発した「えいようかん」は、5年6カ月の長期保存ができる、片手で食べられる “ようかん” 。

→ 続きを読む

【超便利】火も電気も使わず “ホットな料理” が食べられる「バロクック」が超使える! チーズフォンデュとホットサングリアを作ってみたよ

4月になりお花見シーズンが到来! 春はお外で気持ちよくお酒や食事が楽しめる季節。……だけど、夜はちょいと寒いので、温かい食べものが恋しくなるのです。

できたてのあったかい料理をお花見で食べられたら最高だけど、大半の公園は火気厳禁。そんなときに、火も電気も使わずにホカホカ料理が作れる「バロクック」なるアイテムがあるというではありませんか!

今回は、「バロクック」を使って実際に「チーズフォンデュ」と「ホットサングリア」を公園で作ってみました。先に結論をお伝えしますと……バロクック、マジでオススメです!

→ 続きを読む

【防災】豪華献立の非常食がセットになった「東京備食」がすごい / 黒豚の角煮に海老しんじょう、デザートまで

東日本大震災以来、日本人の防災意識は高まったように感じられます。あれから5年以上もの歳月が経過してもなお、全国各地で大きめな地震が相次いでいますし、備えておくに越したことはありません。

なにがなくてもそろえておきたいのは、非常食

現在セブンネットショッピング「オムニ7」にて予約受付中の “食べられる防災ブック” 「東京備食」の内容は超豪華。日本料理店「賛否両論」の笠原将弘シェフが監修した非常食が入っているというのです。

→ 続きを読む

防災グッズだってカワイイのが欲しい! それなら宇宙デザインで普段使いもできちゃうこんなキットはいかが?

防災グッズといえばなによりも機能性第一。それはわかっているけれど、どうせならカワイイものがあればうれしいですよね。

そんな思いに応えてくれるのがフェリシモの人気商品 「スペースエマージェンシーキットの会」(全6回)。今なら、月1個または月1セットが通常2160円のところ、12月31日までは特別価格で1296円と超オトクに!

宇宙をモチーフにしたデザインで、うれしいことに普段使いもできるから、もしものときにすぐに活用することができるんです!

→ 続きを読む

3月1日は「防災用品点検の日」です / いざというときに備えて非常用の飲料水や食料をチェックしましょう!

今日、3月1日は「防災用品点検の日」だそうです。備えあれば憂いなし。いつ起こるか分からない地震や豪雨、土砂災害などに備えて、防災グッズを準備している人も多いはず。

でも、定期的にチェックしているかというと……どうかしら? 非常用の飲料水や食料をはじめ、自宅にある防災グッズを今一度、点検してみましょう!

→ 続きを読む