「本音レビュー」にまつわる記事

【本音レビュー】映画『メン・イン・ブラック インターナショナル』は今までの『MIB』ユーモアが物足りない…!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019年6月14日より公開)です。『メン・イン・ブラック』(以下『MIB』)といえば、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス共演のSFコメディアクション映画として有名。ウィル・スミスは『MIB』でスターになったようなもんですからね!

その二人から『MIB』を受け継いだのは『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースと『マイティ・ソー バトルロイヤル』のテッサ・トンプソン。本作を公開初日に劇場で観てきました! では物語から。

→ 続きを読む

【ネタバレあり】映画『貞子』を本音レビュー! 前半の火災現場の心霊動画がとにかく怖いけど後半は…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、
ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『貞子』(2019年5月24日公開)です。日本一怖い怨霊として存在する貞子を生んだホラー映画『リング』の中田秀夫監督が、シリーズの最新作として新たな恐怖を演出したのが『貞子』。あの名作『リング』を超えるか? 公開初日に見に行きました! では物語から。

→ 続きを読む

映画『名探偵ピカチュウ』を本音レビュー! 超可愛いピカチュウがおっさん声で芸人レベルのマシンガントークを繰り広げます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは話題作『名探偵ピカチュウ』(2019年5月3日公開)です。世界的に人気の「ポケットモンスター」ですが、なんとピカチュウがハリウッドで実写映画化されたのです。しかし、予告編を見てビックリ。ピカチュウの声がオッサンなんですけど!

私はこの声に衝撃を受けたのですが、この映画の元になったゲーム「名探偵ピカチュウ」に出てくるピカチュウはオッサンという設定なんだとか。アニメ「ポケットモンスター」シリーズでいつもサトシと一緒に行動するピカチュウとは違うんですって。

……というわけで物語から。

→ 続きを読む

【怒る? 笑える?】埼玉県出身者が『翔んで埼玉』を観て感じたこと10選 / 同県民よ、世界一楽しめる特権を逃すでないぞ〜!

現在絶賛公開中の『翔んで埼玉』、埼玉県出身者のみなさんはもう観ましたか〜?

実家が埼玉の私、にのうでプニ子はもちろん速攻で劇場へ向かい、猛烈にディスられて参りました……!

とにもかくにも郷土愛が薄いと言われる埼玉県民とはいえ、公式自体が「埼玉県の皆様、映画化してごめんなさい」と謝るほどの作品とあってネットでは埼玉県民を心配する声もちらほら。埼玉県民は観ちゃいけないんじゃないの!?  大丈夫なの〜〜?!

という事で! 実際に映画を見て埼玉出身者がどう感じたのか、本音でドドンとまとめてみましたよ〜!

→ 続きを読む

【本音レビュー】映画『十二人の死にたい子どもたち』は、集団自殺を望む若者たちの物語 / だけど肝心の死にたい理由にモヤモヤ…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、冲方丁(うぶかたとう)の同名著作を堤幸彦監督が映画化した『十二人の死にたい子どもたち』(2019年1月25日公開)です。集団安楽死をするために集まった若者たちの「なぜ死にたいのか」という謎と13人目の死の謎を密室で解き明かしていく青春ミステリーです。まずは物語から。

→ 続きを読む

話題作『くるみ割り人形と秘密の王国』はキラキラな映像美で勝負する、飛び出す絵本のようなディズニー映画です!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのはディズニー映画『くるみ割り人形と秘密の王国』(2018年11月30日公開)です。童話「くるみ割り人形」の映画化作品で、ヒロインの冒険譚を美麗な映像とチャイコフスキーの名曲の数々でお贈りします!

若干ツッコミどころはありますが、クリスマスシーズンにピッタリの映画です。では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

伝説のバンド・クイーンの軌跡をたどる『ボヘミアン・ラプソディ』/ 孤独な天才フレディの生き様と名曲のライブシーンに胸が熱くなります

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、伝説のロックバンド、クイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生き様を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』(2018年11月9日公開)です。1970~80年代にピークを迎えたバンドなので、読者にとっては、昔のバンドというイメージがあるかもしれませんが、クイーンの楽曲は映画、ドラマ、CMなどで使用されているので、聞けば「知ってる!」という人は多いはず。

このバンドのボーカリストのフレディがまたスゴイ人だったんですよ。知的で芸術肌で大胆で破天荒な天才ボーカリスト! 見た目のインパクトもすごいけど才能もすごかった!では、物語からいってみましょう!

→ 続きを読む

柿の種をふりかけにする「フリカキックス」を使ってみた! 「ふりかけご飯」「ハンバーグの隠し味」で大活躍 & 激ウマです

2018年10月に発売された、亀田の柿の種専用ふりかけマシン「FURIKAKIX(フリカキックス)」。こちら、柿の種をごはんにかけるふりかけにできるほか、さまざまな料理の材料としても使えるという夢のようなアイテムなのです。

使い方は簡単? 味はどう? どんな料理に応用できる? 気になったのでこのたびフリカキックスを購入して、試してみることにしました!

ふりかけごはん、ハンバーグ、アイスクリーム……はてさて、いちばん気に入ったのはどのレシピ!?

→ 続きを読む

ローソンで大人気「プレミアムロールケーキ」のクリーム単品が登場! からあげクンにディップする食べ方が推奨されてるのでやってみた…

すっかりレベルの高くなったコンビニスイーツ。ローソンの人気スイーツといえば「Uchi Caféプレミアムロールケーキ」。真ん中にたっぷりクリームが入ったミルキーな味わいが魅力です。

このロールケーキの生クリームのリニューアルを記念し、クリームだけを「プレミアムロールケーキのクリーム」として本日10月16日から数量限定で発売しているのです……!

「プレミアムロールケーキ」に、追加してクリームたっぷりで食べてもよし。コーヒーなどの飲み物に入れてもよし……。と、色んなアレンジがローソンから提案されている中で、異彩を放っているのが、生クリームを「からあげクン」にディップするという食べ方です。

→ 続きを読む

【本音レビュー】無印良品の「冷凍食品」はどんな感じ? キッシュ2種類をお取り寄せしてみて実際に食べてみました

2018年9月28日に発売がスタートした無印良品の冷凍食品シリーズ。Pouchの記事でもお伝えしたとおり、化学調味料を使わず、素材を生かして作った約50種類のメニューがそろっているんです。

これは実際に試してみなければ……ということで、幅広いラインナップの中からキッシュ2種類を取り寄せてみることに!

レトルトカレーや調味料、お菓子などもクオリティが高い無印良品だけに、冷凍食品への期待値もおのずと高くなる~っ!! 味やボリューム、調理方法など実際のところはどうなんでしょうか?

→ 続きを読む

“落ちやすさ”がウケてる無印良品「しっとりUVリップカラー」を使ってみた! 保湿力バツグンでナチュラルな色づきがいい感じ

お肌の乾燥と同時に唇のピリピリ感も気になる季節がやってまいりました。普段メンソレータムやワセリンをぐりぐり塗ってすませてしまう私ですが、何やら無印良品に色つきリップとして使える優秀なリップカラーがあるらしい

というわけで今回は無印良品「しっとりUVリップカラー」を使ってみました! 細くて塗りやすい&落ちやすくて人気……とのことなのですが、落ちにくさじゃなくて“落ちやすさがウケてるってどゆこと?

→ 続きを読む

【本音レビュー】498円で買えるニトリの「ネイル乾燥機」はホントにお値段以上? どのぐらい早く乾くのか検証してみたよ

「お、ねだん以上。ニトリ♪」のCMでおなじみのニトリ。家具や生活雑貨のイメージが強いですが、実は最近、美容家電にも力を入れているのをご存じでしょうか?

フェイシャルクリーナーにホットビューラー、ヘアードライヤー……中でもオシャレ女子たちの間で注目を集めているのが「ネイル乾燥機」

なんとこちらのアイテム、1月に値下げされて現在は税込498円という驚異のプチプラぶり。ネットを見ると評価については賛否が分かれているようで……実際のところが気になる~っ!

というわけで今回、実物を購入し、どのぐらいネイルを早く乾かしてくれるのか、使いやすさはどうか、買う価値アリなのかなど本音レポートしてみたいと思います。

→ 続きを読む

【本音レビュー】『響-HIBIKI-』は欅坂46の平手友梨奈だからこそ成立した映画。演出のアラを彼女の存在感だけで完璧にカバーしています

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします

今回ピックアップするのは、現在絶賛公開中の映画『響-HIBIKI-』(2018年9月14日より公開中)です。ちょっと出遅れましたが、映画初主演の平手友梨奈さん(欅坂46)が評判よいので「これは見なければ!」と、映画館で鑑賞してきました。原作は「マンガ大賞2017」を受賞した柳本光晴・著「響~小説家になる方法~」の実写映画化です。この映画の魅力はとにかく平手さんです! では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】土屋太鳳と芳根京子は “優等生女優” の殻を破れたか? 映画『累 -かさね-』は才能と美を奪い合う女同士の愛憎劇です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは土屋太鳳と芳根京子が共演する『累 -かさね-』(2018年9月7日公開)。キスをすると相手の顔と入れ替わる不思議な口紅を利用して、自分のコンプレックスを払拭し、完璧になろうとする女ふたりの愛憎劇で、松浦だるまの同名漫画の実写映画化です。

NHK連続テレビ小説のヒロインを演じたこともある2人が、朝ドラ出身の優等生女優の殻を破る大熱演と話題なので、さっそく公開日初日に見てきました! では物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】木村拓哉vs二宮和也の演技バトルを感じる超話題作『検察側の罪人』 / ニノの抑えた演技で際立つキムタクの圧倒的な存在感がスゴイです…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは木村拓哉、嵐の二宮和也の初共演が超話題のミステリー映画『検察側の罪人』(2018年8月24日公開)。この映画は制作発表のときから、ジャニーズファンはざわざわしっぱなし。奇跡の共演ですからね! しかも監督・脚本は『駆込み女と駆出し男』『関ヶ原』の原田眞人監督!

では、物語からいきましょう。

→ 続きを読む

【無印良品カレー総選挙】全種類食べて美味しいカレーランキングを作ってみたよ / 2018年夏休み

先日、Pouch編集部では、無印のレトルトカレー全28種をの辛さと甘さの早見表をご紹介しました。辛さと甘さのバランスはこれでわかったけど、じゃあ、ぶっちゃけ美味しいカレーはどれだったのか? 気になりますよね……?

というわけで、編集部4人が各自5点満点でカレーをガチ採点。その合計点数を計算し、MJC28(無印カレー)総選挙を行ってみました!

先に言うと、定番の「バターチキン」と「グリーンカレー」はTOP3には入っておりません! この定番を抜いて、みんなが「美味い!」と言ったカレーははたして……!?

→ 続きを読む

【本音レビュー】『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』は、10年間の集大成! だけど感動シーンが緊急救命の緊迫感を上回っていたような…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回は大人気ドラマの映画化『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(2018年7月27日公開)です。2008年7月期にフジテレビ系列で放映されたドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」は、4人の若きフライトドクターと1人のフライトナースの成長、緊急医療現場のリアル、医師と患者の関係性を描いて大ヒット。2009年のスペシャルドラマを挟んで、2010年の2nd、2017年の3rdシーズン、いずれもヒットを記録しました。私も1stシーズンからドラマを見てきたので、映画化には期待大! では、物語からいきましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】もっとユーモアがほしかった! 話題作『未来のミライ』は現実感たっぷりの家族映画でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回、ピックアップするのは、細田守監督の最新作、アニメ映画『未来のミライ』(2018年7月20日公開)です。『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』などで人気の細田監督作品。では物語から。

→ 続きを読む

【正直レビュー】可愛いイメージで観ると大やけどする映画『ピーターラビット』は日本語吹替え版がオススメ! 千葉雄大の声が、暴走するピーターにぴったりです

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回の本音レビューは『ピーターラビット』(2018年5月18日公開)をピックアップ。以前、Pouchでも記事化されていたのでご存じの方も多いでしょう。すでに劇場公開もされ「かわいい!」「モフモフ感がハンパない」「すっごく笑える」と評判は上々のようです。

その一方で「違和感を感じた」という声も。実は私も映画『ピーターラビット』の字幕版を試写で見たとき「こんな風に実写化しちゃってよかったの?」と思ったのです。ではまず物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

日本版ハイジという可能性も…高畑勲監督『かぐや姫の物語』は改めて見直してほしい珠玉の名作です

【オススメ★シネマ批評】
映画ライター斎藤香が、DVDで見た映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

アニメ界の名匠・高畑勲監督が2018年4月5日に享年82歳で永眠されました。1985年、宮崎駿監督と共にスタジオ・ジブリの設立に参加。スタジオ・ジブリの作品が日本のアニメ界を牽引し、世界で人気を博すようになったのは、高畑監督の尽力も大きいのです。

高畑監督はテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』や、劇場アニメ『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』など、素晴らしいアニメ作品を世に送りだしてきました。その高畑監督の遺作となったのが、「竹取物語」を映画化した『かぐや姫の物語』です。

この作品は高畑監督の14年ぶりの新作として、2013年11月23日に公開。第87回アカデミー賞の長編アニメーション賞にノミネートされました。アカデミー賞にノミネートといっても、ギラギラしたゴージャス映画ではありません。とても品よく美しく、しみじみと “日本”を感じる作風です。この作品を見ながら、高畑監督のアニメの魅力を探っていきたいと思います。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2