「花」にまつわる記事

京都・二条城が人気イベント「FLOWERS BY NAKED」と競演! 重要文化財へのプロジェクションマッピングも行われます

京都市中京区にある二条城は、京都の守護および上洛(じょうらく / 京都に行くこと)のため、徳川家康が居城として築城した建築物。

城内全体が国の史跡に指定されているほか、国宝の「二の丸御殿」や、狩野派の画家による障壁画など、重要な遺構が数多くあることで有名です。1994年には、「古都京都の文化財」のひとつとして、ユネスコ世界文化遺産に登録されています。

そんな二条城を舞台に、花々をフィーチャーした没入型イベント「FLOWERS BY NAKED 2018 —京都・二条城—」が2018年11月3日から12月9日まで開催されます。

→ 続きを読む

【これぞ絶景】一面ピンクに広がる芝桜に感激! 北海道・網走の「ひがしもこと芝桜公園」を全力でご紹介します!

旅行先として、国内屈指の人気を誇る北海道。景色が綺麗、食べ物が美味しい、水や空気が済んでいる、動物王国、などなどなどなど……。日本に生まれ育っていても、北海道への憧れは尽きることはありません。

しかし、北海道はでっかいどう。実際のところ、北海道を訪れたことがあっても札幌〜函館エリア、旭山動物園くらいは行ったことがあるけれど……という方も多いのでは?

だからこそ敢えて! そんな北海道の東の果て、オホーツク海に面した「道東エリア」から、まさに絶景という言葉が相応しい網走の「ひがしもこと芝桜公園」をご紹介したい!!

→ 続きを読む

おヒゲに花を咲かせましょう!? 海外のインスタ男子の間でヒゲに花を飾る「#flowerbeard」が大人気です

春になって嬉しいことのひとつが、「街のいたるところに鮮やかな花が咲いている」こと!

花の季節の訪れとともに海外でじわじわ流行っているのが、立派にたくわえたおヒゲを色とりどりの花で飾るというもの。

インスタグラムをハッシュタグ「#flowerbeard」で検索をしてみると、あるわあるわ、自慢のあごヒゲやくちヒゲを花で飾り立てた男性の写真がわんさか出てくるのです~!

→ 続きを読む

「シャレオツすぎるトイレ」が六本木に登場!? 春の花々で彩った4つのトイレが東京ミッドタウンに2日間限定で出現するよ

2018年3月17日と18日の2日間、東京・六本木にある東京ミッドタウンのガレリア地下1階アトリウムに登場するのは、トイレ

……ってか、ミッドタウンは商業施設だから、そもそもトイレくらいありますよね。これって一体、どういうことなんでしょ!?

この期間に開催されるのは、INAXの最新トイレ「SATIS(サティス)」をPRするイベント、「FLOWER ART FRAME by キレイがつづくトイレ INAX」。最新のトイレを、桜やガーベラなどの春の花をふんだんに使ってアーティスティックに演出するらしいのですっ。

→ 続きを読む

ドライフラワーとは思えないみずみずしさ! 試験管の中にオイルとドライフラワーをつめた「ハーバリウム」が素敵

みなさんは「ハーバリウム」というものをご存知でしょうか。

「ハーバリウム」とは植物標本という意味で、ドライフラワーなどを特殊なオイルに浸しボトルに入れたものを指します。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したバラ職人による「ハーバリウム」は、一見すると生花がオイルに浸かっているかのよう。色鮮やかでみずみずしくて、とてもドライフラワーとは思えません。

→ 続きを読む

花瓶と額縁が合体したら…素敵なインテリアになっちゃった♪ アーティスティックな花瓶「IKEBANA」

お部屋の中に花があると、それだけで気分が華やぐから不思議です。インテリアにお花を取り入れたい!と思う人も多いハズ。

今回紹介するインテリア「IKEBANA」は、 “生け花” とキャンバスアートを組み合わせた、生きるインテリアとでも呼ぶべきもの。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場してから、またたく間に目標支援額を達成したこのアイテム。一見するとキャンバスに描いた絵のようにも見えますが、花瓶と絵が合体しているのが、大きな特徴なんです。

→ 続きを読む

鳥や花が浮遊してるような「刺しゅうアート」がため息ものの美しさ! 一体どうなってるの…?

秋の夜長、最近は家で編み物や縫い物などを楽しんでる皆さんも多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、あるロシア人女性による驚くべき刺しゅうアート。

彼女が作り出す作品は、刺しゅう自体が美しいのはもちろんのこと、まるで空中に浮いているかのように見えるんです! なぜそんなふうに見えるのか……その理由、皆さんも知りたくならない?

→ 続きを読む

ケニアのバラにイスラエルの草花…世界中の農園から集めたお花たち! 新オンラインショップ「世界の花屋」がとっても素敵

ネットでブーケを購入、誰かにプレゼントできる、といったオンラインのお花屋さん、最近は多くなってきました。でも、今回ご紹介するオンラインのお花屋さんは、なんだかひと味違いそうです。

2017年9月19日にオープンしたのは、オンライン・フラワーショップ「世界の花屋」。このお店の大きな特徴は、文字どおり世界中の農園から花々を集めてきていること。バイヤーさんがアフリカに中近東、中南米にアジアなど、世界中の農家に直接足を運んで、農家の人たちと話し合いながら仕入れてきているのだそうです。

他ではほとんどお目にかかれないような花に出会えるのはもちろん、そうした珍しい花を使ってのおススメの商品を提案してくれるそう。さらには花そのものだけでなく、花が育てられた土地のことや農家さんの表情やストーリーも伝えてくれるとのことで、サイトを定期的にのぞいてみたくなっちゃいます♪

→ 続きを読む

本物のお花にしか見えない「ブーケケーキ」が芸術的な美しさ! 花は全部バタークリームでできてるんだって

韓国ソウルに暮らすインスタグラムユーザー、 “アトリエ・スー” こと@soocake_ullyさんは、美しく咲き誇るお花をあしらったケーキの写真を投稿し続けています。

バタークリームを使ったケーキのトップには、赤や黄色、ピンクにオレンジなど色とりどりの花々が飾られていて食べるのがもったいないくらい!

→ 続きを読む

【マネしたい】野菜やフルーツのドレスを着こなす少女が可愛らしい / 表情やスタイルも華麗に決めています

野菜や美しい花々、葉っぱなどで3歳の愛娘ステファニー(Stefani)ちゃんのドレスを “作って” いるのは、油絵画家のAlya Chaglarさん。

ママが手がけるドレスはとっても簡単で、誰でもマネすることができます。必要なのは距離の感覚センスだけ、2人のインスタグラムを参考にすれば、今すぐにでも素敵な写真が撮れちゃいますよ♪

→ 続きを読む

【三越伊勢丹限定】蜷川実花デザインの「花」浴衣がビビッドで可愛い♪ 打ち上げ花火にも勝る存在感です

乙女のみなさん、今年の浴衣はもうお決まりでしょうか? 梅雨が明ければ花火大会にお祭りと、浴衣の出番がググッと増えます。浴衣デートや浴衣女子会も、いつもとは気分が変わって大いにアリ♪

今年おススメなのは、写真家の蜷川実花さんディレクションによるブランド「M / ninagawa」の浴衣です。

大輪の花がぱぁっと咲き誇っているかのような存在感、ビビッドな色使いは、蜷川さんならでは。三越伊勢丹限定だという浴衣のデザインは10種類。この浴衣をまとえば、 “会場の華” として注目を浴びることができるはず~!

→ 続きを読む

広大な宇宙みたいに見える花! ペチュニアの品種「ナイトスカイ(夜空)」が美しすぎて見入ってしまいます

まるで宇宙を眺めているかのよう……目にしたら、きっと誰もが夜空に輝く星々を連想するであろう花。それが「ナイトスカイ(Night Sky)」という名前をもつペチュニアです。

ペチュニアは、春から秋にかけて開花する1年草で、花が密集して咲くのが特徴。ガーデニングでは他の草花との寄せ植えによく使われていて、コンテナや花壇など、街のいたるところで見かけることができる植物の代表格です。

→ 続きを読む

えっ、便器に花!? お花を飾れるトイレ便器が登場したよ / 確かにおしゃれ空間を演出してくれそうだけど…

最近のトイレといえば、高機能になったり、おしゃれな空間にリニューアルするデパートやホテルが増えてきたり、なにかと進化しています。

そんななかオーダーキッチンやバスルーム空間などを提案する「リブラン」は6月15日、「花を生けられるトイレ」の輸入・販売をスタート。「え、花を生けられるトイレ」!? それはステキ。でもおしゃれ空間を演出してはくれるだろうけど、ちょっと変わってるというか、「どうした?」と聞きたくなるというか……。

→ 続きを読む

モロゾフが甘党パパに送る「世界1位のチョコを使った贅沢ケーキ」&「お花みたいなふわふわケーキ」が美味しそうです

5月の「母の日」に続いて、6月は「父の日」。今年は6月18日(日)です。お父さんへのプレゼント、みなさんは考えましたか。甘いもの好きのお父さんなら、おいしいプリンやチョコレートでおなじみの「モロゾフ」の父の日限定ケーキはいかが?

今年の「父の日限定ケーキ」は、世界1位を飾ったことがあるチョコレートが使われた「チョコレートチーズケーキ」と、黄色いお花をイメージした「グルノーブル」、2つのケーキが登場するんですって。

→ 続きを読む

ケーキに「ゆめかわいい」お花を咲かせる職人さん /  カップケーキを並べると一面のお花畑のようです♪

カナダ・オンタリオ州の都市サンダー・ベイにあるベーカリー「milk and water baking co.」のInstagramは、まるでお花畑のよう!

ずらりと並んだケーキ1つ1つが花々や草のようにデザインされていて、眺めているだけで気分は春。色とりどりのスイーツを前に、ウキウキわくわくしちゃうこと必至なんです♪

→ 続きを読む

金属で作ったとは思えない…風に舞う桜やタンポポの綿毛を繊細に表現した造形作家・鈴木祥太さんの作品が美しい

風に飛ばされてフワッと舞い上がらんとする、たんぽぽの綿毛。鮮やかに色づいたイチョウの葉、圧倒的な存在感を放つ白木蓮、咲き誇ったと思った次の瞬間にハラハラと散り始める桜の花々。

美しい花や葉は一見すると本物にしか思えないけれど、実は金属でできています。手がけたのは、京都を拠点に活動する金属造形作家の鈴木祥太さん。どんな技術をつかえばここまでハイクオリティーな作品が出来上がるのか、素人にはまったく想像がつかないよ~!

→ 続きを読む

花の形と色を表現したロマンチックな「花色鉛筆」 削りカスまでタンポポや桜の花びらのカタチになっています

以前、Pouchでは、サンスター文具の「さくらさくえんぴつ」についての話題をお伝えしました。カタチも色合いも、そして削りかすまで桜の花びらな、めちゃステキな鉛筆でした。

今度は「花色鉛筆」という色鉛筆が、クラウドファンディング TRINUS(トリナス)に登場しています。

これまた、めちゃステキ……色だけでなく、カタチまでタンポポや桜だなんてスゴイ!

→ 続きを読む

巻き貝とお花や多肉植物の組み合わせが新鮮♪ 家のあちこちに飾りたくなるオブジェ

ウクライナに拠点を置き、花の冠や、くし、ネックレスなどのアクセサリーを手がけるアーティストIryna Osinchuk-Chajkaさんは、貝と植物を組み合わせたなんともユニークでキュートな作品を販売しています。

海外ショッピングサイトEtsy内のショップ「EtenIren」では彼女の作品を取り扱っており、中でも “貝オブジェ” のシリーズは、手のひらサイズで可愛いっ! 大きさはどれも縦幅4cmから5cmほど。テーブルやデスク、ベッドサイドなどに置いておくだけで、自然と心癒されそうです。

→ 続きを読む

本物のお花が入ったリップスティックがキュートすぎる!! しかも唇に乗せると体温によって色づきが変わるんだって♪

コスメは実力だけじゃなく見た目も大事! パッケージやデザインが可愛いだけで、持ってて気分が上がるものです。

そこで今回ご紹介したいのが、めーーーーっちゃくちゃキュートなビジュアルをしたリップスティック。だってこれ、リップの中にホンモノのお花が入ってるの!! 女性であれば一目惚れしちゃうこと間違いナシでしょ。

→ 続きを読む

自然の植物や花をモチーフにしたボタニカルタトゥーが美しすぎる! こんなに繊細なデザイン見たことない…!!

黒海の北岸にあるクリミア半島出身、ヨーロッパを中心に旅を続けているという女性ピス・サロ(Pis Saro)さんは、ボタニカルタトゥーアーティスト

彼女のインスタグラムやフェイスブックにこれまでの作品を撮影した写真が多数掲載されているのですが、これが美しいのなんの! これまでさまざまなタトゥーを目にしてきたけれど、ここまで繊細なデザインや色づかいのものに出会ったことはなかった!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3