「音楽」にまつわる記事

曲の雰囲気に合わせたオリジナルドリンクを作る「SQUEEZE MUSIC」がすごい! 失恋ソングはしょっぱく、明るく元気な曲は爽やかで酸味のきいた味に

「音楽を味わう」なんて言い方をしますが、それはじっくりと楽しむという意味であって、実際に食べたり飲んだりするわけではありません。でも、本当の意味で音楽を味わう方法があるようなんです!

それは、2017年度グッドデザイン賞を受賞した「SQUEEZE MUSIC(スクイーズ・ミュージック)」。新しい音楽の楽しみ方を提案する、音楽を味覚化する装置なんだって!

→ 続きを読む

1歳の少女は “ビヨンセの曲が流れたとき” だけ超笑顔に!  曲が流れた瞬間の全力ノリノリダンスをご覧ください

歌手・ビヨンセのファンは世界中にいるけれど、1歳児でここまで熱狂的なビヨンセ好きはどこを探してもいないかも!

今回YouTubeからご紹介するのは、ビヨンセのヒット曲「Single Ladies」がかかるとノリノリになっちゃう女の子の動画。どんなにご機嫌ナナメでも、この曲がかかるやいなや手足をブンブン振って体を揺らしちゃうんです……か、かわええ……!!

→ 続きを読む

【カンナさーん!】1週間で再生回数50万回超え! 渡辺直美とAIのコラボMV『キラキラ feat.カンナ』が「元気をもらえる」と大人気です

毎週火曜夜10時よりTBS系で放送中のドラマ『カンナさーん!』の主題歌は、AIさんによる『キラキラ feat.カンナ』。タイトルに “カンナ” とあるとおり、カンナ役を務める渡辺直美さんが参加していることでも、大きな注目を集めています。

「きっと明日は いい日だから Don’t give up」という、ポジティブな歌詞。AIさんの力強くも優しい歌声と直美さんの甘い美声との相性も抜群に良くて、聴いているとたくさんの元気と希望をもらえるんですよね♪

→ 続きを読む

まるで「しくじり先生」のようなコメディ映画『俺たちポップスター』超絶ブラックなネタのあとに感動が待つ傑作です【最新シネマ批評】

【最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのはコメディ映画『俺たちポップスター』(2017年8月5日公開)。

映画『40歳の童貞男』や、ポーチで以前紹介したラブコメディ『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』の製作&監督のジャド・アパトーが、『サタデー・ナイト・ライブ』で人気を博したお笑いユニット「ザ・ロンリー・アイランド」と作り上げた映画です。

これが、音楽好きならきっと「あるある!」と思う、爆笑必至の面白さなんですよ。では、物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【夢みたいな話】自作の音楽を投稿してたらヒップホップの大物からオファーが来たでござる

GLASYSことギル・アサヤス(Gil Assayas)さんは、アメリカ・ポートランド市を拠点として活動するミュージシャン。

彼は巨大掲示板「reddit」やYouTubeに、よく自曲の演奏ムービーを投稿していました。2017年5月には、シンセサイザーを複数あやつりながらの見事な演奏、そこにエフェクトをかけたボーカルがばっちりハマった作品「We Can Change」をredditに投稿します。

→ 続きを読む

アラフォー過ぎてからハマってしまった「金管楽器あるある20」【6月6日は楽器の日だよ】

6月6日は「楽器の日」。昔から芸事は6歳の6月6日から始めると上達すると言われているそうで、1970(昭和45)年に全国楽器協会が制定したそうです。

わたしは「楽器の日」が制定された70年代に生まれ、6歳より1歳早く、5歳からエレクトーンを習っていました。小学校では鼓笛隊でドラムやアコーディオンを演奏し、中学校では吹奏楽部に入部……と、楽器演奏は大好きで、いろんな楽器を演奏してきました。

そしてアラフォーを過ぎてからハマっているのが、金管楽器のユーフォニアム(ユーフォニウム)です。ピカピカした金や銀色のラッパの形をしていて、トランペットやトロンボーン、チューバの仲間にあたります。

金管楽器は、やればやるほど奥が深く、大人になっても知らないことがたくさんあるものだな〜、としみじみ感じさせてくれます。今日はそんなわたしが感じる「金管楽器あるある」をまとめてみようと思います。

→ 続きを読む

音楽好きなら買うしかない? 分かる人は爆笑しちゃう「音楽記号スタンプ」のグッズが登場したよ

趣味が一緒だったり、好きなものが共通していたりする仲間だからこそ分かる、おもしろネタってあるものです。そういうおもしろさってホント、「分かる人には分かる」ですよね!

さて、発想がすごすぎると話題のLINEスタンプ「音楽記号スタンプ」のグッズが登場したようです。音楽を愛し、音楽に愛されたあなたなら、買わずにはいられない?

→ 続きを読む

【まるで魔法】スマホをタトゥーにかざしたら…音声が再生されたーっ! 音を波形にしたデザインもなんだかカッコいいゾ

タトゥーアーティストのネイト(Nate Siggard)さんが生み出したのは、世にも珍しい “音楽を奏でるタトゥー” 「サウンドウェーブ・タトゥー(Soundwave Tattoos)」

YouTubeにデモンストレーション動画が公開されているのですが、たしかに音が聴こえてくるっ! 音の波形をあらわしたデザインのタトゥーにスマホをかざすと、あら不思議。スマホにダウンロードされたアプリがタトゥーを読み取って、音声を再生しはじめましたよ。

ネイトさんのタトゥーから聞こえてきたのは、ガールフレンドの「アイ・ラヴ・ユー」という声と、生後4カ月になる我が子の声。つまりは、音楽だけでなく人が話す声をタトゥーにすることができちゃうってなわけ! これならいつでもどこに行っても、寂しさを感じなくて済みそうですねっ♪

→ 続きを読む

【サマソニ2017】「ブラック・アイド・ピーズ」「サチモス」など出演者が続々決定! 誰を観るか妄想スケジュールを組んでみたよ

ニッポンの2大夏フェスといえば、フジロックフェスティバルと、サマーソニックです。

先日わたしは「妄想フェス」というテーマのもと、今年のフジロックはどのライブを観るか、3日間のスケジュールを妄想してみましたが、今回は大規模屋内フェスの代表格 “サマソニ”こと、サマーソニックをフィーチャー。すでに発表されている出演アーティストの中から、一体誰のステージを観るのか? 妄想でスケジュールを組んでみたいと思います。

2017年5月11日現在、タイムスケジュールはまだ発表されていないので、観る順番はわたしが勝手に出演順を予測したものです。

ただし「誰がどのステージに出るのか」という情報は明らかにされているので、その点は考慮しました。なにせ会場が広~いので(無料送迎バスやタクシーで会場間を移動する人多し)好きなアーティストがどのステージに出るのか? という点は、サマソニではかなり重要なポイントなのですよ。

→ 続きを読む

【癒し】「わりばし」でできた楽器はどんな音色? わりばしピアニストの演奏がとっても幻想的で癒やされます

お弁当を買うときにもらう「わりばし」、皆さんはどうしていますか? わたしはお弁当は自分のおはしで食べて、わりばしをとっておきます。「いつか必要なときがくるかも」と思っているからです。

でも、「必要なとき」って思った以上にこないので、せっかく使わずにとっておいたわりばしなのに、たまりすぎて捨てる羽目になるのです。

もしその「わりばし」をもっとたくさん集めて楽器にしてみたら一体どんな音がするのでしょうか? その答えが、わりばしで作った楽器を演奏しているSami Eluさんの動画にありました!

→ 続きを読む

見た目はアナログだけど…「レコード」「CD」「Bluetooth」なんでもござれ! クラシックなマルチプレーヤーに心をつかまれちゃいました

近頃は音楽配信サービスで音源をゲットしている人も多いのでしょうが、アナログ人間の私はCDが好き。

音楽を聴き始めた頃が、CDの普及と重なる「CDど真ん中世代」ということもあってか、アルバムを全曲通して聴くだけでなく、ジャケ買いしてお気に入りを部屋に飾っておくこともまた楽しくて、どうしても手にとってしまうんですよね。もちろんCDだけでなく、レコードも大好き! 

もしもあなたが私と同じように音楽好きなら、本日紹介するプレーヤー「Victrola Wood Wall Mount Record Player with CD and Bluetooth」を一目見たらきっと、恋に落ちてしまうはず。

→ 続きを読む

海外で超話題の「ねこのための音楽」がいよいよ日本で発売されるニャーッ♪ 実験で77%のねこが好反応を示したんだって

好きなジャンルは違えど、聞いていると気分のいい音楽ってありますヨネ。あんまり詳しいワケではなくても、楽しくなったり、心が落ち着いたりするから、音楽って不思議です。

でも、ニャンコ好みの音楽があるなんて知らなかった!

2016年2月22日の「猫の日」に、「ねこのための音楽」というCDアルバムが発売されるそうです。お値段も2222円(税抜)と、かなりニャーニャーしておりますゾ!

→ 続きを読む

ドラムの音が聞こえてくると踊りたくて踊りたくてたまらん♪ 超ハイテンションになるワンコに飼い主さんも思わず笑っ

まず登場するのは、おヒゲがかっこいい飼い主のお兄さん。芝生の上に腰かけているその手の先にはドラムらしきもの。慣れた手つきでリズムを奏でると……お庭の奥からビューーーンッと、ワンコが猛ダッシュしてきました。

「ドラムの音にうれしくなって飛び出してきたのね」なーんて思ったら、そんなもんじゃないっ。このあと笑っちゃうくらいのテンションでダンス&ジャーンプし始めちゃうのです!

→ 続きを読む

『今夜はブギー・バック』で東京ファッション40年を振り返る…ビームスの40周年記念映像にドキドキが止まらないっ

ファッションに限らず、10年単位に区切って語られることが多い世の中の変化。でも、今年と去年の流行を比べてみたらわかるように、1年でも、もちろん変化しています。

東京のファッションをけん引してきた BEAMS が 40周年を迎え、特設サイトと YouTube に公開した映像『TOKYO CULTURE STORY』。1976年から2016年までの40年間、東京のストリートを飾った82のスタイルを再現されています。

バックに流れるのは、30代40代にとっての心の青春ナンバー『今夜はブギー・バック』! もうこれだけで胸いっぱい、感動で涙が出ちゃうよ……。

→ 続きを読む

仁義なき「バンドT」戦争勃発!バンド自体をよく知らないでバンドTシャツを着るのはアリかなしか

あるバンドの曲を聴いたことがない。あるいはそもそも、バンド自体をよく知らない。それなのに、そのバンドのTシャツを着てよいものなのか。

Pouch編集部内において行われていた「バンドTあるある」談義が発展、突如持ち上がったのがこちらのテーマ。少し前に全く同じ話題がツイッターに登場、大いに盛り上がっていたようなのですが、さてみなさんはどう思います? 

→ 続きを読む

【ジワる】RADWIMPSの新曲『前前前世』MVに登場する猿の存在感が強すぎ〜! 「猿になってもみんな面影あるのがまたおもしろい」との声も

2016年8月26日(金)に公開される、新海誠監督の新作映画『君の名は。』。この映画で音楽を担当したのは人気バンド、RADWIMPS(ラッドウィンプス)です。

8月24日(水)発売のニューアルバム『君の名は。』は映画のサウンドトラックであり、収録曲の『前前前世 (movie ver.) 』が映画の主題歌となっているのですが……先日フル公開された『前前前世 (movie ver.) 』のミュージックビデオの衝撃的な内容が大きな話題を呼び、YouTube では300万再生を突破しているんです。

→ 続きを読む

鳥肌が立った…リオ閉会式『君が代』のアレンジが海外でも話題です / 編曲担当の三宅純さんにありがとうの声も

日本、そして世界中を熱狂させたリオデジャネイロオリンピックが幕を下ろしました。最後に、観客および日本の視聴者を興奮させたのは、なんといっても閉会式で行われたトーキョーショー。

日本的で現代的、遊び心と高い芸術性が共存した見応えのある演出に、2020年に開催される東京オリンピックへの期待が高まったという方も少なくなかったのではないでしょうか。

→ 続きを読む

日本人って “カラオケ好き” なんじゃないの? 「カラオケ嫌いな人」が意外と多いとの調査結果にちょっとビックリ!

ひとりぼっちでも楽しい個室空間、それはカラオケボックス! 大声で歌を歌うとスッキリするし、上手く歌えるようになったらうれしいし、ついついハマっちゃいます!

カラオケ好きな人って、多いの分かるなぁ~! とか、思っていたのだけれど……そうでもないのかしら? アナタはカラオケって好き? それとも嫌い?

→ 続きを読む

【フジロック’16】知名度よりもパフォーマンスのスゴさ! 田端あんじが選ぶ2016年ベストアクトTOP5

ニッポンの野外ロックフェスの代表格・フジロックフェスティバルも今年で20周年。記者(私)は、毎年のように当メディア Pouch でお伝えしてきました。もちろん今回も現地へと行ってまいりましたよぉ!

2016年の開催日だった7月22・23・24日(金〜日)は、3日連続で晴れ。会場のある新潟県がタイミングよく梅雨明けしたせいなのか、砂煙舞う灼熱のフジロックとなりました。こういうときは、ビールがホントに美味しいんだわ。

→ 続きを読む

27歳で急逝した歌姫エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー『AMY エイミー』ジェットコースター級の激しい人生と身を切るような歌に泣ける【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、2011年に27歳の若さでこの世を去った歌手エイミー・ワインハウスの人生を映し出したアカデミー賞・長編ドキュメンタリー賞受賞作『AMY エイミー』(2016年7月19日公開)です。

エイミー・ワインハウスの劇的な人生に内側から斬りこんでおり、彼女を昔からよく知る人々へのインタビューやプライベート映像を元に、エイミーという人物を丁寧に綴っています。

音楽ファンなら、その実力をご存じだと思いますが、記者(私)は勉強不足で彼女に対してゴシップクイーンのイメージしかありませんでした。

ゆえに、このドキュメンタリーで初めてエイミー・ワインハウスの人となりや、ソングライティング、なぜ若くして命を落とすことになったのかを知ったのですが、何よりビックリしたのがその歌声。そして、彼女の生き様そのものであるような詞や曲の数々。凄い才能じゃないか! と圧倒されました。ではエイミーの人生を見ていきましょう!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6