「写真」にまつわる記事

まるで「写ルンです」のような写真ができるアプリ「Huji Cam」を使ってみた / 古ぼけた色あいとややピンボケの画像から溢れ出る90年代感がスゴイ

不思議な光の映り込み。チープなレンズによって生まれる、写真の歪みや明度、彩度の変化。フィルムを現像しなければ、そもそもどんな写真が撮れたのかもわからない……。

90年代に大人気だった使い捨てカメラ「写ルンです」は、そんなふうに不便で、予想不可能で、同時に仕上がりを待つワクワク感のあるカメラでした。どんなに便利な時代になっても、アナログの良さみたいなものは、やっぱりありますよね〜。

なんと、その撮り心地、ワクワク感をまるっと再現して楽しめるiPhoneアプリがあるんです。インスタなどで人気急上昇中のカメラアプリ「Huji Cam」です☆

→ 続きを読む

「いつか娘の結婚式に…」パパと娘に内緒で2人の手つなぎ写真を撮り続けるママ、そのアイデアに賞賛の嵐!

海外サイト「reddit」で、ある投稿が話題になっています。それは、仲良く並んで歩いている父と娘の後ろ姿ばかりを撮りためた写真

撮影者は、お母さん。実はこれらの写真、娘さんはもちろんのこと、お父さんも撮られていることに気づいていないんですって。

お母さんが内緒で2人の後ろ姿を撮り続けるのには、素敵な理由がありました。

→ 続きを読む

23歳のママが公開した “4つ子を出産後のお腹写真” が大きな話題に / おびただしい数の「妊娠線」が出産の壮絶さを物語っています

出産を経験した女性の多くが悩まされているであろう、妊娠線

Pouch では以前、双子を出産したママが公開した妊娠線の写真を紹介しましたが、今回はさらにその倍4つ子を産んだママさんのお腹を写した写真について、取り上げたいと思います。

マレーシアに暮らす23歳の女性、ドリーン・チン(Doreen Ching)さんが4つ子を産んだのは、今から2年前。出産に伴いお腹についた妊娠線をフェイスブックとインスタグラムで公開して、世界中から大きな反響を得ています。

→ 続きを読む

中国にエッフェル塔が立ってる!? 「パリそっくりに作られた街」と「本家パリ」を比較する写真プロジェクト

中国には、パリをそっくり模倣した街があることを、みなさんはご存知でしたでしょうか?

その街の名は、浙江省杭州市にある「広厦天都城(こうかてんとじょう)」

今から約10年前の2007年に建設が始まったこの場所には、100mの高さのエッフェル塔に、パリの街並みを思わせる建物。さらにはベルサイユ庭園にインスパイアされた庭園などがあって、言われなければまさか中国だとは思いません。

→ 続きを読む

不思議と人生を感じる…NYの地下鉄で乗客の「手」だけを写し続けるインスタアカウント

手や指の動きには、顔と同じようにさまざまな表情があります。そしてその造形は、手の持ち主が過ごしてきた日々の結晶。これまでどんな人生を歩んできたのか、透けて見えるような気がするんです。

アメリカ・ニューヨーク市の地下鉄で見られる “人間の手” を撮影、インスタグラムで公開し続けているアカウントがあります。海外サイト「Mail Online」によれば、このアカウントの “中の人” は27歳の写真家で、名前はハンナ・ライアン(Hannah Ryan)さんという方なのだそう。

→ 続きを読む

写真加工はママの魔法! いつもの家族写真をファンタジックな世界に変えちゃうママの写真がステキです

アメリカ・カリフォルニア州に暮らすヴァネッサ・リベラ(Vanessa Rivera)さんは、ライターでありブロガーであり、かわいい3人の子供を持つママでもあります。

ヴァネッサさんの日課は、いつもの毎日に “ちょっとした魔法をかける” こと。この “魔法” を実現させるうえで不可欠なのは、3人の子供たちの協力と、Photoshopなんです。

→ 続きを読む

アカデミー賞ノミネート作品をパロディーし続ける3姉妹が可愛すぎる♡ 『スリー・ビルボード』や『ダンケルク』など話題作を熱演

第90回目となるアカデミー賞の発表が、2018年3月5日に行われます。

ノミネートされている数々の話題作をフィーチャー、名シーンをパロディーした写真作品を撮り続けているのは、アメリカに住む写真家のマギー・ストリーノ(Maggie Storino)さん。モデルを務めているのはマギーさんの幼い娘たち3人で、2011年からスタートした試みは今年で8年目を迎えるんです。

「Don’t Call Me Oscar」と題されたプロジェクトにはホームページと公式インスタグラムがあって、こちらから作品を見ることができます。

→ 続きを読む

【ツワモノ揃い】子どものイヤイヤ期はあえて “ネタ”にして笑って乗り切ろう! 全力のイヤイヤ写真コンテストが開催中です

子どもの年齢に応じて、その時期なりの子育てのたいへんさってあるものです。中でも2歳を迎えるころから始まる“イヤイヤ期”には今まさに手を焼いているという人も多いのでは?

けれど、そんな我が子のイヤイヤを成長の証と捉え、写真を撮って投稿し、パパママ同士笑って励まし合おうというイベントがあるんです。それが「第1回ザ・イヤイヤ期コンテスト」

子どものイヤイヤが全力であればあるほど、大賞に輝くチャンスが近づくかも……!?

→ 続きを読む

ぽっちゃりさんに送られる「周囲からの視線」を写真集にして販売 /  作者「この作品は、ただの社会実験」

写真家でパフォーマーのヘイリー・モリス-カフィエロ(Haley Morris-Cafiero)さんは、「Wait Watchers」という社会実験プロジェクトで注目を集めた方。このプロジェクトの写真は『The Watchers』というタイトルで2015年に書籍化され、Amazonなどで販売されています。

一体なぜ、ヘイリーさんの試みがここまで注目を集めたのか。それは、写真のテーマが他に類を見ないものだからというほかありません。

ヘイリーさんの作品は、“人々が「ぽっちゃり体型の人」とすれ違ったら、どういうリアクションをしているか” というテーマで撮影されたものなのです。

→ 続きを読む

同じものは2つとない…インスタグラムで見る「雪の結晶コレクション」がロマンチック!

アメリカ・ニューヨーク州にあるロチェスター工科大学で写真学の教授を務めているマイケル・ペレスさんは、雪の結晶が大好き!

海外サイト「Mashable」によると、2003年に “雪の結晶写真家” として知られるウィルソン・ベントレー氏の展覧会に出かけて以来、すっかり雪の結晶の美しさに魅了されてしまったようなんです。

こうして大きな影響を受けたペレスさんは、顕微鏡を使って雪の結晶の撮影を試み始めました。

→ 続きを読む

ひょえぇぇぇ! 大掃除で出てきたプチ恐怖 /「元恋人の写真が冷蔵庫の下から…」「創作物などの黒歴史」「クシャクシャの退職届」など

大掃除の季節。きれいになるのは気持ちいいけれど、たまに恐怖を感じるものに出会うこと、ありませんか。ホコリや髪の毛はよくあるけれど、背筋がゾクッとするような怖~いものを見てしまった人も、多いようなんです。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「大掃除で出てきた、プチ恐怖……」についてのQ&Aをご紹介します。

→ 続きを読む

「ビルの間を飛んでいるみたいな写真」の撮影現場が壮絶! モデルもカメラマンもアシスタントも高層ビルから宙吊りで撮影してます

空中にふわりと浮かんでいるかのような写真、たまに見かけますよね。けれど目にするといつも、「どうせ全部CGなんでしょ? もし実際に撮っているとしても、高いところではないんでしょ~?」なーんて思っちゃいませんか? わたしはぶっちゃけ、そう思ってます!

ですが今回紹介する写真は、まさに空を飛んでいるんですよ。

時は2017年7月。撮影場所はフィリピン・マニラにある7階建ての建物と、30階建て(!)の高層ビル。モデルたちはもちろんのこと、カメラマンと照明アシスタントも全員宙づりになって撮影に挑む姿が公開されていました。見ているだけで足がすくむわ……!!

→ 続きを読む

おにぎりの写真をSNSに投稿するとアジア・アフリカの子供たちに給食5食が提供されます / お〜いお茶も一緒に写すと10食に増えるよ!

身近な食べ物「おにぎり」。そのおにぎりが社会貢献につながる「おにぎりアクション2017」がスタートしました。

これは国連が制定した10月16日の「世界食料デー」にちなんだキャンペーンで、世界の食料・健康問題の解決に取り組む『TABLE FOR TWO』が行なっています。

おにぎりの写真に「#OnigiriAction」をつけてSNSに投稿、またはサイトへ投稿すると、主旨に賛同した企業や支援者から、アフリカ・アジアの子供たちに届ける給食5食分(100円)が寄付されます。

また、おにぎりと伊藤園「お~いお茶」を一緒に撮った写真に「#OnigiriAction #おーいお茶」をつけて投稿すると、伊藤園から給食10食分が寄付されるんですって。

→ 続きを読む

フライトアテンダントが「舞台裏」をインスタグラムで公開! 気取らない表情に親近感☆

華麗なイメージのある、飛行機のフライトアテンダントの皆さん。彼女・彼らの日々はどんな感じなのか、こっそりのぞいてみたくなりません?

いま、フライトアテンダントの舞台裏を垣間見ることができるアカウントが、海外のインスタグラムユーザーから注目を集めているようなんです。

アメリカの航空会社「ヴァージン・アメリカ」でフライトアテンダントをしているモリー・チャーマ(Molly Choma)さんは、飛行機の舞台裏を9年間に渡って記録。2015年にインスタグラムアカウントを立ち上げ、「#thesecretlifeofvirgins(ヴァージンの秘密な日々)」というハッシュタグをつけて日々更新を続けています。

→ 続きを読む

年上のお姉さんだと思ったらオジサンだった!! 児童ポルノ被害が起きた過去の例をチェックしておこう

「知らないおじさんについていっちゃいけません」これはわたしが幼い頃よく親から言い聞かせられてきた注意であり、多くの人が子供の頃によく聞いていた言葉だと思うんです。

しかし、ネットを通して知らない人とコミュニケーションを取る機会が格段に増えた現代においては、注意の内容が少し変化してきているよう。「知らないおじさんに自撮り画像を送っちゃいけません」とでも言うべき事態に発展していっているようなんです。

→ 続きを読む

ディズニープリンセス風のおくるみで眠る赤ちゃん写真がかわええ〜! ドレス姿も完成度が高いのです

アメリカ・カリフォルニアを拠点に活動するフォトグラファーのカレン・マリー(Karen Marie)さんは、新生児や子供、妊婦さんをモデルとする写真スタジオ「Belly Beautiful Portraits」を運営しています。

つい最近、マリーさんはシンデレラをプリンセスへと変えた魔法使いのような仕事をしました。その全貌が、「Belly Beautiful Portraits」インスタグラムと「Babble」フェイスブックに公開されています。

→ 続きを読む

竹内涼真の「童顔×細マッチョボディ」の水着姿が反則級! これぞ「水もしたたるイイ男」です

NHK朝ドラ『ひよっこ』や日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』、さらには「メナード 薬用 ビューネ」CMのビューネくん役で世の女子たちをキュンキュンさせまくっているのが、俳優の竹内涼真さんです。

「涼真」という名前のとおり涼し気で愛くるしい顔立ち、185cmという長身、「ザ・好青年!」といった佇まい、ああどこをとってもスキがないっ。ビューネくんのようにタオルで頬を包まれちゃったりしたら、胸が高鳴りすぎて失神してしまうかもしれません。

そんな完璧ボーイ・竹内さんは、キュートな童顔からは想像もつかない、かなりイイ筋肉をお持ちのようなんです。

→ 続きを読む

「旦那不在なので僕が」出産をひかえた愛犬と一緒にマタニティーフォトを撮影した男性 / 愛情たっぷりの表情にご注目♡

臨月に近い大きなお腹の状態で記念写真を撮影する“マタニティーフォト”。モデルなど有名人の影響からか、日本でもすっかり定着しつつあります。

フェイスブックでマタニティーフォトを披露していたのは、ハイジという名のワンコ。9週目に入って出産までカウントダウンに入ったハイジが大きなお腹を見せて「ハイチーズ☆」しているわけなのですが……その隣にいるのは、人間の男性1名

愛おしそうにお腹を撫でるその様子が、まるでハイジの旦那さんみたいなんですけども!?

→ 続きを読む

【いい壁探訪】世界の建築で遊びながら旅行する2人のインスタ写真がめちゃくちゃオシャレ!

フォトジェニックなインスタ画像に必要なのは、ずばりセンスと「いい壁」。人気のあるインスタグラマーはいい壁がどこにあるかを熟知しているように思えます。

本日ご紹介したいのは、SNS映えに必須な「いい壁」を見つけるスペシャリストともいえる、スペイン出身のクリエイター、ダニエル・ルエダ(Daniel Rueda)さんと、アンナ・デビス(Anna Devis)さんのおふたりの作品。

おふたりが旅行しながら出会った「いい壁」の数々を背景に撮影した写真が、シンプルなのにめちゃくちゃオシャレなのです。

→ 続きを読む

イマドキの「ハートのポーズ」事情を調査♡ 「人差し指と中指で作るハート」がめちゃめちゃ難しかった件…

ここ数年若い世代を中心に、写真を撮る際、指でハートマークを作ることが流行っているようです。

これを聞いて真っ先に頭に思い浮かんだのが、親指を下にして、そのほかの指すべてが中心でくっつくよう折り曲げたハート型。その昔、楽しんごさんがしていた「ラブ注入」のポーズですね(古)。

だけど、いま流行りの指ハートはそれとはかなり違うようなのです……!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 15