「写真」にまつわる記事

写真加工がが激しすぎる男性のインスタが凄い! 腕がパスタになったり分身したりと自由で奇妙な世界感がクセになる…

顔を小さくしたり、脚を長くしたり、はたまた体を細くしたり。自分自身をよりよく見せるための写真加工って、最近はアプリひとつで簡単にできちゃいますよね。

けれどイギリス・ブリストルを拠点に活動するフォトグラファー、ベン・ロビンズ(Ben Robins)さんは、そうした加工は一切しません

インスタグラムに投稿されているのは、腕がヘビのようにくねくねと細長かったり、首が金属のおもちゃのようにビヨ〜ンとしていたりしている奇妙な写真。

ユニークだけどややホラーでもあって、不思議な中毒性があるんです。

→ 続きを読む

結婚式の「超オフショット」を大事にするカメラマンの作品がすごい! 気の抜けた普段の魅力が伝わってきます

写真家のイアン・ウェルダン(Ian Weldon)さんは、一風変わったウェディングフォトを撮影することで有名な方です。

「私はウェディングフォトグラファーではない(I am not a Wedding Photographer)」と公言し、同名の写真集も出版しているウェルダンさん。

彼は、ポーズや目線を意識した写真ではなく、被写体がカメラの存在に全く気がついていないかのような写真ばかりを撮り続けているんです。

→ 続きを読む

【あるある】なぜ「彼女が彼氏を撮影した写真」と「彼氏が彼女を撮影した写真」はこんなに差があるのかと話題に

被写体がカメラの存在を全く意識していない写真のことを、「Candid pics(ありのままの写真)」と呼びます。

なにせ “ありのまま” なので、ポーズをとることもキメ顔をすることもなく、その姿はとっても自然。

そんな「Candid pics」をツイッターで紹介しているカップルたちをチェックしてみたところ……男性と女性でかなりの違いがあることがわかったのでありますっ!

→ 続きを読む

歴史上の有名人や名画がインスタグラマーに!? 日常をエンジョイしている姿がシュールだけど愛おしい~!

もしも歴史上の有名人がインスタグラマーだったら……この「もしも」をかたちにしたのが、@untitled.save というインスタグラムアカウントです。

フィーチャーされているのは、誰もが知ってる有名人や、偉大なる画家たちとその作品の数々

サルバドール・ダリがカメラを持ってお散歩していたり、パブロ・ピカソとフリーダ・カーロがデート(?)していたりと、それぞれが日常を謳歌しているんですっ!

→ 続きを読む

提供:すみだ水族館 京都水族館

【これ最高】すみだ水族館と京都水族館が「記念写真の販売サービス」を思い切って無料に! しかもプロが60分密着撮影してくれるって!

家族や友人たちとテーマパークなどに行って写真撮影をしたいとき、あなたならどうするでしょうか。

誰かがカメラマンを買って出ると、写らないがゆえに、その人が “いない” ことになってしまう、他のお客さんに撮影を頼むのも気が引ける。テーマパークに用意された撮影サービスも「無料かと思いきや有料だった!!」なーんてことも無きにしもあらずで、一体ぜんたいどうしたらいいの~!

→ 続きを読む

日本に「水中ウェディングフォト」を撮影できるプールスタジオを作りたい! クラウドファンディングで募集しています

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に登場後、わずか2時間で目標額100万円を達成したのが 「水中ウェディングフォトを撮影できるプールスタジオ」のプロジェクト。

元スイマーで人物専門の水中カメラマン・香川裕貴さんが、「1年中水中写真を撮影できる場所を作りたい!」と立ち上げたもの。

→ 続きを読む

「女の子らしさ」のステレオタイプを打ち破る少女の写真に称賛! 型にはまらないポジティブなパワーを感じます

「だって、あなたはなんでもできるから」

というタイトルでフェイスブックに公開されたのは、可愛らしいドレスを着た女の子たちの姿。背景もピンクで統一されていて、一見するとガーリーな印象なのですが……。

よく見ると野球用のスパイクをはいていたり、手にボールやグローブを持っていたりと、スポーティーな要素をミックスしていることがわかるんです。

→ 続きを読む

女芸人バービーの「加工インスタ」がじわる…足を長くしすぎて時空に歪みが生じてるよおおお!

お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービーさんが、2019年5月27日にインスタグラムに掲載した “加工写真” がじわじわくると、話題になっていたようなんです。

バービーさんは『世界の果てまでイッテQ!シャッフルSP』の撮影で、女芸人仲間たちとベトナムにいた模様。

その際に撮影した写真に、足を長く見せる加工を施したそうなのですが……。足はたしかに長くなったけども、全体的に背が伸びただけにも見えるゾ~!?

→ 続きを読む

12才の娘と61才の祖母の顔を組み合わせたら…! 両親や祖父母の顔と合成したポートレート集が興味深い

性格や体型など親譲りのものはいろいろありますが、なかでも大きく影響してくるのが「顔」。「小さいころから顔立ちが母親そっくり」「年を重ねるにつれ年々、目元が父親に似てくる」など、鏡を見るたびに感じている人もいるのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、カナダ人グラフィックデザイナー兼フォトグラファーのアーリック・コレット(Ulric Collette)さんがおこなっている写真プロジェクト「ジェネティック・ポートレート(Genetic portraits)」

これを見ると、私たちの顔がいかに親や祖父母のDNAを受け継いでいるのかが一目瞭然! 「遺伝子ってスゴいんだなー」とその不思議さに驚かずにはいられないことでしょう。

→ 続きを読む

【CG加工なし】どうやって撮ったの!? 「ゴリラ2頭とのセルフィー」に成功した男性が話題に

セルフィーしている男性の後ろにご注目ください。姿勢よく2本足で立ち、タイミングを見計らったかのようにカメラ目線をキメるメスのゴリラ2頭! 人間にしか見えないその立ち姿に驚かされます。

CG加工一切なし、本物のゴリラたちとのセルフィーに映っているのは、マシュー・シャマブ(Mathieu Shamavu)さん。コンゴ共和国にあるヴィルンガ国立公園でマウンテンゴリラを密猟者から守るレンジャーです。

→ 続きを読む

プロが教える「ドラマチックな写真の撮り方」にビックリ! 身近なアイテムを使った意外な撮影テクをご覧あれ★

インスタグラムの流行とともに生まれた言葉、 “インスタ映え”

“映える” 写真を撮るため、日々絶好のシチュエーションを探しまくっているという人も、多いのではないでしょうか。

しかしメキシコのプロフォトグラファーであるオマ(Omah)さんのインスタグラムを見れば、シチュエーションは探すものではなく「作るもの」だと気がつくんです。

プロが明かす撮影の “手の内” を、あなたも知りたいと思いませんか?

→ 続きを読む

まるでおとぎ話の世界! 花の中でスヤスヤ眠るミツバチを激写…しかも2匹仲良く並んで眠っているよおおお!!!

アメリカ・アリゾナ州フェニックスで野生動物写真家として活躍するジョー・二ーリー(Joe Neely)さんが撮影したのは、花の中でスヤスヤと眠るミツバチの姿。

しかもミツバチは2匹で寄り添うように眠りについていて、目を見張ってしまうんです。

ミツバチたちが寝床にしていたのは、 “Globe Mallow” という名の花。日本ではスファエラルケアと呼ばれており、今回発見されたミツバチたちは、この花を好んで集まってくる “Globe Mallow Bees” だそう。

→ 続きを読む

母親に「観葉植物を日光浴させておいて」とお願いしたら…!「ベビーカーに乗せて散歩!」「滑り台で遊ばせる」など奇想天外な様子が送られてきた!

ある日のこと、ツイッターユーザーのレーガン・スパイヤー(Regan Speyer)さんは

「観葉植物を日光浴させたいからブラインドをあげておいて」

と、母親にお願いをしたそうなんです。するとほどなくして、母親から屋外や窓辺で日光を浴びる植物の写真が送られてきました。

……と、ここまでは至ってフツーの流れ、ですよね? でもここからだんだん、おかしなことになっていったんです。

→ 続きを読む

【三度見】ワンコ10数匹が街を整然と歩いてるーーーッ!? ナニゴトかと思いきやコレ、犬のお散歩代行サービスだそうです

犬を飼いたいとは思うものの、じゅうぶんなお世話をしてあげられるかを考えると、躊躇してしまうという人は多いんじゃないでしょうか? とくに毎日散歩に連れ出してあげる、というのはとても大変そう……。

そんな人たちにとってうれしいサービスを提供しているのが、アメリカ・ニューヨーク州のサラトガ・スプリングズにある「Saratoga Dog Walkers(サラトガ・ドッグ・ウォーカーズ)」

スタッフたちが飼い主たちの依頼を受けてワンコたちの散歩を代行するんですが、その光景がまさに圧巻!

→ 続きを読む

鳥たちのモグモグタイムを超間近でとらえた写真がすごい迫力! 躍動感あふれる姿をご覧ください

羽ばたく音やさえずりが聞こえてきそうなほど、生き生きとした鳥の写真。かわいい!と同時に、小鳥たちの目線でその生態をのぞき込んでいるような、野生の本能が持つ迫力を感じてドキドキしちゃいます。

撮影したのは、アメリカ・ミシガン州に住むリサさん。「Ostdrossel」というアーティスト名で、自身が撮影した野生の鳥たちの食事風景をインスタグラムやタンブラーなどに数多く投稿しているんです。

鳥たちが「人の目」を気にせずに食べ、くつろぎ、ときにケンカしている様子は、思わず次々に見たくなること間違いなし! ぜひその一部をご紹介させてください〜っ!

→ 続きを読む

荒ぶる猫たちをドラマチックに撮影するドイツフォトグラファーの作品に注目! 猫達の魅力的なポーズがあふれています

ドイツを拠点に活動するアニマルフォトグラファー、ウィーベック・ハース(Wiebke Haas)さんにとっての主な被写体は “馬” 。インスタグラムには躍動感あふれる馬の写真がたくさん並んでいるのですが……。

その中でひときわ目を引くのが、馬ではなく、3匹のニャンコたちの写真!

青と赤を基調としたミステリアスなライティングのもと、飛んだり跳ねたり、こちらをじっと見つめたりする様子に、気がつけば心奪われてしまうんです。

→ 続きを読む

【おもしろ美しい】愛犬とのラブなコスプレを撮影しまくるフォトグラファー! イケメン男子にしか見えないワンコのスタイルにも注目です

イギリス・ロンドンに暮らすフォトグラファー、ウルスラ・エイチソン(Ursula Daphne Aitchison)さんは、犬とその飼い主を撮影することを専門としています。

わんことの写真を撮るサービスを「フォ “ドッグ” ラフィー」と銘打って運営しているウルスラさん、「こんな写真になりますよ」というサンプルを作る目的と、おそらくは趣味をかねて、愛犬・ヒューゴ(Hugo)くんと自分自身のツーショット写真をいろんなバリエーションでたくさん撮影しているんです。

その写真たちの素晴らしさときたら、もう紹介せずにはいられない! ということで今回お伝えすることにしました。

→ 続きを読む

あなたの肌はブルベ? イエベ? コフレドールが数秒でパーソナルカラーを診断してくれるウェブサイトをオープン! 実際に使ってみた

カネボウのメイクアップブランド「コフレドール」が、新商品「スキンシンクロルージュ」の発売にちなんで、ブルベかイエベかを診断してくれるスペシャルサイトをオープン。

ブルベはブルーベースの略で、赤みやピンクみのある肌および青白い肌のこと。一方のイエベはイエローベースの略で、黄みのある肌のこと。

カメラで写真撮影するか、もともと持っている画像をアップロードするだけで診断してもらえるので、さっそく試してみるといいかもしれません。

→ 続きを読む

カナダの旅猫Sukiちゃんのインスタがアメージング!飼い主さんと一緒に世界中の絶景を巡っています

カナダ在住のペットインスタグラマー、Sukiちゃんは飼い主さんとの旅をこよなく愛する猫。去年1年間で旅して回った場所は12カ国にも及びます。

Instagramでは、いろんな絶景の前で真面目な表情でカメラに収まるSukiちゃんの写真がずらり。カリフォルニアのラグーナビーチ、カナダのヨーホー国立公園、スイスのラウターブルンネンなど世界のどんな背景でも、愛らしさにはブレがなくただただアメージングなのです!

→ 続きを読む

どう見ても写真にしか見えない「絵」を描くアーティスト! 細かいシワや毛穴まで描きこまれていて超リアルなんです

ドミニカ共和国出身、現在はメキシコの首都・メキシコシティを拠点にして活動しているアーティストの男性、カマルキー・ローレアノ(Kamalky Laureano)さんは、現在35歳。

写真のような絵画を描くアーティストとして人気を博しており、インスタグラムのフォロワー数は7万9000超にまで達しています。

驚異的な筆力で描かれた絵の数々は、公式サイトからも鑑賞することができるのですが、何も知らなければ絵だと気がつかない人もいるはず。我が目を疑ってしまうほどのリアリティーに、圧倒されてしまうこと必至なんです。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 16