「子育て」にまつわる記事

【子育てあるある】海外の詩を漫画化した投稿に育児中のママパパが共感! 「今日一日、私はこの子のためにすごく大切なことをしていた」

子育て中の皆さん、お疲れさまです! ようやく、待ちに待ったゴールデンウィークがやってきましたよ~! ……と思ったら。

子どもって、休みの日に限って早起きするわ(なんで!?)、毎日お昼ご飯を作らなきゃいけないわ(給食のありがたさよ)、どこかに連れて行かないと不満が爆発しちゃうわ(しかも子どものアクティブさハンパない)で……あれ、休日は平日よりむしろタイヘン……?

そんな、子どもとの生活に日々奮闘しているみなさんに、今日はぜひとも、ぜひともご紹介したいインスタグラムの投稿があります。それは、子育てについての漫画や絵日記を描いている芸子さん(@geiko_tumu)による、「today」という詩を絵にした7ページの漫画

「today」は、ニュージーランドを中心に伝わる詠み人知らずの英詩。小さな子どもと過ごす中で絶対に味わう葛藤と、そのことへの答えがこれ以上ないほどにクリアに表現されているもので、詩人の伊藤比呂美さんが見事な日本語に訳しています。これを芸子さんの暖かいタッチの絵でつづったこの漫画、すべてのパパママにとってぐっと胸にせまるものがあるに違いありません。

→ 続きを読む

窪塚洋介「イクメンではなく、ただ父であり夫であるだけ」 / 窪塚洋介のインスタが愛情があふれる「育児日記」と化しています

俳優でレゲエシンガーとしても活躍中の窪塚洋介さん。2017年6月に、妻・PINKYさんとの間に待望の女の子 “あまと” ちゃんが誕生してからというもの、インスタグラムには愛娘とのツーショット写真が溢れているんです。

抱っこをしたりあやしたりといった写真はもちろんのこと、お風呂に入れるなどアレコレ世話を焼いているシーンも満載。

どの写真でも、窪塚さんの笑顔は愛に満ちていて、対する “あまと” ちゃんもとっても幸せそう! 結婚願望が全くと言っていいほどない私ですら、「こんなパパだったら子育てしやすいだろうな……それに確実に、惚れ直しちゃうだろうな~♡」とかなかんとか妄想せずにはいられなくなってしまいます~!

→ 続きを読む

【ツワモノ揃い】子どものイヤイヤ期はあえて “ネタ”にして笑って乗り切ろう! 全力のイヤイヤ写真コンテストが開催中です

子どもの年齢に応じて、その時期なりの子育てのたいへんさってあるものです。中でも2歳を迎えるころから始まる“イヤイヤ期”には今まさに手を焼いているという人も多いのでは?

けれど、そんな我が子のイヤイヤを成長の証と捉え、写真を撮って投稿し、パパママ同士笑って励まし合おうというイベントがあるんです。それが「第1回ザ・イヤイヤ期コンテスト」

子どものイヤイヤが全力であればあるほど、大賞に輝くチャンスが近づくかも……!?

→ 続きを読む

パパママが感じる祖父母世代の育児とのギャップって?「お箸の共有は勘弁して」「やたらと厚着させないで」など

現在、夫婦ふたりでではなく、お互いの両親の力も借りて子育てをしている人は多いことと思います。そこで生まれやすいのが、子育てに関する世代間でのギャップ

ベビー&子ども服ブランドでおなじみの「ミキハウス」がおこなった「親・祖父母世代の子育て今昔ギャップ調査」によると、祖父母との子育ての考え方の違いを感じている人は45%にのぼるという結果が出たそう。

以前Pouchでもさいたま市が作成した「祖父母手帳」なるものを紹介しましたが、医学や生理学の研究が進んだ現代の子育て法は、親世代の常識とは違うこともしばしば。世のパパやママたちはどのようなことで祖父母世代とのギャップを感じているんでしょうか?

→ 続きを読む

子どもの言い間違いが可愛くてホッコリ!「ママ、たつまき作って!」「コーヒーくんと遊んだよ」「たんぽぽ→たんぽこ」など

子どもってそこにいるだけでかわいいけど、おしゃべりするとさらにかわいくって、その言葉についつい笑っちゃったこと、誰でもあるのではないでしょうか。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「子供の笑っちゃう言葉」についてのQ&Aをご紹介します。

→ 続きを読む

ママがときめくのはどんな相手? リサーチしてみたら…パパはまさかの4位でした!!

いつも夫にも子どもにもニコニコ笑って輝いている女性。それは理想だけれど、実際は母親だって人間。ストレスを感じることだってたまには……いや、日常茶飯事だったりしますよね。

今回ご紹介するのは、日本最大級のママ向け情報サイト「ママスタジアム」がおこなった「ママのストレスとトキメキ」についての実態調査

その中で気になったのが「ママのトキメキ」に関する項目。世のママたちはいったい誰に、どんなときときめいているんでしょうか? 先に言っておきますと、ときめく相手としてパパは4位という結果になっております。

→ 続きを読む

待望の弟に一同大興奮! 犬4匹+猫1匹のお兄ちゃんお姉ちゃんたちがはりきって「お守り隊」を結成しちゃったよ

4匹の犬と1匹の猫との暮らしぶりを投稿しているInstagramユーザーのケイシー・ボグスさん夫妻(@88kncorbett)は、待望の第1子を授かりました。

生まれたての息子ソニーくんを連れて、ボグスさん夫妻が病院から戻ってくると、犬のロキシー、エディス、ロージー、ジェイクと、猫のミアは興味津々。すぐにそれぞれ役割を決め、ソニーくんへの愛情を示し始めたんだそうです。

→ 続きを読む

【泣かされた】母親のハードな「よくある1日」も子どもにとっては…? 子育ての大変さとすばらしさを描いた動画に世界中のママが大共感

小さな子どもを抱えるお母さんが、先輩ママたちから一度は言われたことがあるであろう言葉、「たいへんなのは今のうちだけよ」。

いや、たしかにそうなんですが、何年後かに振り返ればいい思い出になっていることはわかるのですが! ただ、そうは言われても「でも毎日たいへんなものはたいへんなんじゃい!!」と心の中でキレそうになること、ありますよねー。

今回YouTubeからご紹介するのは、そんなてんてこまいの日々を送るお母さんにはぜひとも観てほしい、そしてかつて小さな子どもだったことがあるすべての皆さんにも観てほしい、「A Normal Day」というタイトルの動画です。

お母さんにとってはありふれた疲れる1日も、子どもの目を通して見てみると……?

→ 続きを読む

【フェリシモ猫部】ロングセラーの赤ちゃん「抱っこひも」にニャンコ柄が登場♪ 所せましと猫がごろにゃん

ニャンコ好きのママさ~ん! もしも今「抱っこひも」をお探し中ならば、フェリシモ猫部によるコラボ抱っこひも「猫部×クリエイティブガール ごろごろ猫抱っこひも」がおススメですよ♪

2017年4月26日よりウェブ販売を開始しているこちらの抱っこひもは、柄が表に見えるタイプと、裏からちらっと柄が見えるブルーの無地タイプの2種類。

イラストレーター・山中玲奈さんが描いたオリジナルの子猫柄は、フェリシモ猫部だけのスぺシャルバージョン。フェリシモで累計販売数32万本を記録した「抱っこひも」とコラボした「ごろごろ猫抱っこひも」は、Tシャツを着る要領で素早く装着できるのが大きな特徴なんです。

→ 続きを読む

ママと一緒にヨガするの! ちっちゃい体で必死にまねする2歳の男の子がかわいすぎるわ~♪

アメリカのカントリー歌手キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)さんがInstagramで公開していたのは、愛する息子とのツーショット・ヨガ動画。いっしょうけんめい、ママとおんなじようにポーズをとる2歳のアイザイア(Isaiah)くんがめちゃんこ可愛いいのーーー!! もう、ほっこり和んでしまうことウケアイなんです♪

→ 続きを読む

【監視カメラは見た】双子の息子たちが夜しっかり寝ていない!? 家族が寝静まった後めちゃくちゃ遊んでました

アメリカNYに暮らしている夫婦、スサーナ(Susana Balkin)さんとジョナサン(Jonathan)さんの2歳になる双子の息子たちは、夜十分に眠れていない様子。まだ2歳といえば、眠るのが仕事のようなものなのに……実に不思議ですよねぇ。

その疑問を解決したのは、息子たちの部屋に取り付けた監視カメラ。ニュース番組「FOX 13」によれば、なんと彼ら、真っ暗な部屋の中で毎晩思いっきり遊んでいるようなのです。

→ 続きを読む

乳児用液体ミルクが日本で解禁される日は近い!? 利便性もさることながら災害時の強い味方です

赤ちゃんに飲ませるお乳。現在の日本では母乳か粉ミルクかの2択になりますが、災害時に便利である、男性の育児参加につながるとして、「乳児用液体ミルク」の解禁に関するニュースがここ数年、話題となっています。

私の子どもが赤ちゃんだったころ、粉ミルクは何度も使ったことがありますが、けっこう面倒なところもあるんですよね。

必要な量をスプーンで測って哺乳瓶に入れ、熱湯を注ぐ。そこから赤ちゃんが飲める人肌程度にまで冷ます。新生児ならこれを数時間おきにやらなければなりません。夜中や寒い時期だとなおさらつらい。また、赤ちゃん連れで外出したときなども大変です。

海外では液体ミルクが売っているというのに、なぜ日本には粉ミルクしかないんだ……。なぜ最初から調合された液体ミルクがないんだ……!!

私だけでなく、そんなふうにお嘆きの人は多いのでは? それだけに「液体ミルク」解禁のニュースはたいへん気になるところであります。

→ 続きを読む

パパと息子、はじめてのふたり暮らし。ママが里帰り出産中の1か月間を追ったドキュメンタリー動画が心あたたまる!

出産は女性でなければできない、そして出産後も夫が仕事に出て妻が家事・育児をするという家庭も多いため、どうしても女性に子育てのウェイトがかかりやすい。これは男女平等をうたわれる今も、現状としてあることです。

けれども、もし妻が出産のため不在となり、ふだんは仕事で忙しいパパが子どもの世話をすることになったら……? これまでも一緒に暮らしているのだからそんなの楽勝!? それともママの代わりはパパには無理!?

今回ご紹介するのは通信教育を手がけるユーキャンが公開した、WEB限定ムービー「【One Month】パパと息子の一ヶ月のふたり暮らし」。実在する家族の協力を得て撮影されたドキュメンタリー作品で、支え合う家族の素晴らしさが伝わるものとなっています。

→ 続きを読む

「娘はなりたいものになれる」パパが娘と本気でお人形さん遊びをする理由とは? あえてスポーツ中継にバービーCMを流した粋な計らいも素晴らしいのです

アメリカで大人気のスポーツ「アメリカンフットボール」の試合中継で流れたのは……少女から大人気「バービー人形」のCM!? 一体どうして?

「Dads who play with Barbie(バービーで遊ぶパパ)」というキャンペーンにちなんで作られた今回のCM。さまざまなパターンが存在するのですが、共通しているのはパパと娘が仲よくバービー人形で遊んでいるという点。時に甲高い声をあげてバービー役を熱演するパパたちに、ほっこりしてしまうこと必至なんです。

→ 続きを読む

「あのう、焼き鳥をいただけませんか」食べ物を2度もせがむワンコの後をつけてみたところ…!?

2016年12月、タイ・バンコク。動画の撮影者が出会ったのは1匹のワンコで、どうやら「焼き鳥をください」と懇願しているようです。

YouTubeのコメント欄によると、ワンコが焼き鳥をねだるのはこれが2回目。しかも、その場ですべて食べてしまうわけでなく、さっさとどこかへ運んでいくのです。

ワンコの行き先になにがあるのか? 気になって仕方がない撮影者は、2つめの焼き鳥をあげた後、好奇心のおもむくままにワンコの後を追いかけてみることにしました。

→ 続きを読む

4人の娘を育てるイクメンパパの日常が幸せで溢れている! 娘とメイク楽しんだりケンカの仲裁をしたり…

インスタグラムで「Father Of Daughters(娘たちの父)」というアカウント名を持つサイモン・フーパーさんは、なんと4人の娘の父親。しかも中には、双子ちゃんもいるう!

上から9歳、6歳、そして1番下の双子の娘は10カ月。やんちゃな娘たちを妻のクレミーさんとともに育てる姿が日々更新されているインスタグラムは、フォロワー数44万6000人超えを誇る人気となっているようなんです。

→ 続きを読む

【マジかよ】ペンギンの赤ちゃんを育てているのはペンギン人間 / ヒトを​親​だ​と​認​識​さ​せ​な​いための変装なんだよ

2016年10月15日、和歌山県にある動物園、水族館、遊園地がひとつになったテーマパーク「アドベンチャーワールド」で、エ​ン​ペ​ラ​ー​ペ​ン​ギ​ン​の​赤​ち​ゃ​んが誕生しました。

今月​2​1​日(金)から一般公開されるというペンギンの赤ちゃんは、体長約15cm、体重232g。小さな小さなその姿を自分の目で見ることができる貴重なチャンス♪

→ 続きを読む

3つ子ちゃんと平和にドライブするためパパがとった対策とは? ネットには「我が家にもこれが必要だ」といった声も

「もう車内での争いはない」

こちらのコメントとともに愛する我が子たちの写真をフェイスブックに投稿していたのは、アメリカオハイオ州に住む専業主夫のジェイク・ホワイト(Jake White)さんです。 “争い” ってこれまたずいぶん物騒な響きだけれど……一体ぜんたいどういうことなのかしら?

→ 続きを読む

赤ちゃんが掃除機かけてる!? 新米パパ必見のハウツー動画「わが子に家の掃除をしてもらう方法」

育児をのハウツーをユーモラスに教えてくれる新米パパ向けチャンネル「How to Dad」。今回YouTubeに投稿したのは、赤ちゃんに家を掃除してもらう方法です。

まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんに、家の中をキレイにする方法をレクチャーをするのですが、果たして上手にできるのでしょうか?

→ 続きを読む

“立ったまま” って新しい!子どもが喜ぶ直立型おんぶ紐「ピギーバックライダー」でお出かけが楽しくスタイリッシュに♪

子どもを “おんぶ” するスタイルの新提案。アメリカ発の直立型おんぶ紐「ピギーバックライダー」(14,580円)は、立った状態の子どもをそのまま背負うことができるという、世界で人気のスタイリッシュなアイテムです。

背中に立つことで、子供たちの目線は、パパやママよりも高くなる。眺めがよくって楽しい上に、背負う側も、子供の体重が分散されて軽くなるから、腰の負担が軽減されてラクラク。親子ともにウィンウィンという、とっても画期的な商品なのであります!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3